日々の読書、愛犬たち、翻訳、手芸など


by ars_maki
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28

春雨集

d0112879_11525435.jpg

# by ars_maki | 2018-12-29 11:53

小倉擬百人一首 61番

d0112879_14010431.jpg
いにしへの ならの都の 八重桜 けふ九重に 匂ひぬるかな

思ふに添でおもハぬに おもハる々身の九重が 
勤めの憂ハのがれても 又眠られぬ現責となり 
花車が小刀針に替る矢田平が破竹あり 
実にや苦界を去て苦界に入とやいハん
 柳下亭種員筆記

# by ars_maki | 2018-12-25 14:02

小倉擬百人一首 62番

d0112879_13593309.jpg
夜をこめて とりのそらねは はかるとも 世に逢坂の関はゆるさじ

啼ばこそ別をいそけ鶏の音の 其車尾に引きかへて 
見るもいぶせき迎ひの輿 憂を見返る丞相の
 袖に泪のかヽり船 日の照国も無を侘らん
 柳下亭種員筆記

# by ars_maki | 2018-12-25 14:00

小倉擬百人一首 63番

d0112879_13582131.jpg
今はただ おもひ絶えなむ とばかりを 人づてならで いふよしもがな

其身ハ流れの水調子 心の駒に拐かけて 
男おもひハ三味線の四ツ乳の裏へ五大力 
数書筆のさや割も 御国堅気の武士の意地
 今も噂に辰巳の五人切
 柳下亭種員筆記

# by ars_maki | 2018-12-25 13:58

小倉擬百人一首 64番

d0112879_13561971.jpg
朝ぼらけ 宇治の川霧 たへだへに あらはれわたる 瀬々の網代木

不知ながらも千鳥が推量とハ 侍女の出過者 
兄貴ハ知れた闇愚殿とハ 悪言過た弟の嫉妬心 
恋の不叶平治ケ胸ハ 彼問答の地名に有 
花橘の小嶌が崎にはあらで 
腹立ばなのこぢれがさきとやいハん
 柳下亭種員筆記

# by ars_maki | 2018-12-25 13:57