日々の読書、愛犬たち、翻訳、手芸など


by ars_maki
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

源 経信(つねのぶ)

d0112879_13533954.jpg
から衣うつ声きけば月きよみまだねぬ人を空にしるかな

からごろも打つこゑきけば月きよみまだねぬ人を空にしるかな 紀貫之『新勅撰集』





[PR]
# by ars_maki | 2018-11-16 13:54

源 経信(つねのぶ)

  
d0112879_13495852.jpg
百人一首の内 大納言経信夕(ゆふ)されば 門田(かどた)の稲葉(いなば) おとづれて
   芦のまろやに 秋風ぞ吹く

           (71番)金葉和歌集秋の部に入っている。百人一首では71番。この歌は、源師賢Morokata)が所有する梅津(現在の京都市右京区梅津)
の山荘に貴族たちが招かれた時に行われた歌会で披露されたもの。
あらかじめ「田家ノ秋風」というテーマが決まっていて、
それに合わせた歌が詠み競われた。

「おとづる」だが、元々は「声や音を立てる」という意味。
この和歌でも音を立てるの意味で使われている。

  「
芦のまろや」は、「屋根が芦葺きの、粗末な仮住まいの小屋」。
源師賢の別荘のこと

六条に住みたる頃、長月の月の夜に
砧の音聞こえければ、

からごろも打つこゑきけば
月よみまだねぬ人を空にしるかな

と詠じたるおりから
鬼神詩を吟ずるの図。

鬼神の漢詩は、「北斗星」で始まっている。

「おとづる」だが、元々は「声や音を立てる」という意味。
この和歌でも音を立てるの意味で使われている。

「芦のまろや」は、「屋根が芦葺きの、粗末な
仮住まいの小屋」。源師賢の別荘のこと。

「夕されば門田の稲葉おとづれて
芦のまろやに 秋風ぞ吹く」は源経信(つねのぶ)の詩。
しかし、鬼神が漢詩を吟じたきっかけを与えた詩
「からごろもうつからごろも打つこゑきけば
月よみまだねぬ人を空にしるかな」は紀貫之の和歌。
『新勅撰集』に収められている。

枠内の最後に「得も言われぬ趣を述べた」詩であるとある。

鬼神の詩は。「北斗星横流に逍遥月下寒衣」北斗星は月より上に位置し、
さらに月の下に「寒衣/から衣」がある。
そこで、鬼神の詩は紀貫之の詩---マクロコスモスとミクロコスモスを
織り込んでいる---を超えている。いわば、鬼神の詩の方がスケールとして
巨大ながら、鬼神と源経信(つねのぶ)とは互いに競合している。

[PR]
# by ars_maki | 2018-11-16 13:51

招き猫、人民服、日章旗

11月14日から22日までスペインのマラガで開催されるファンタスティック映画祭
のポスターとチラシ画像。
d0112879_22105142.jpg
d0112879_14354220.jpg
VANKから当然の言いがかり。その結果・・・


d0112879_22121053.jpg



[PR]
# by ars_maki | 2018-11-15 22:12

「徴用工」問題

西岡力先生が正視。

https://www.youtube.com/watch?v=ajI1eHR_KhU&t=35s


いつものように日本在住「市民」により進められていた。
西岡力先生は裁判を起こした四人は「元徴用工」ではなく、
自ら応募した人達であることを突き止めている。
メディアではこれを隠蔽しているばかりか、不正確さにおいて
極めて欺瞞的である。また、四人を応援していた「市民」に
関しても裏を取っている。

当時の金銭価値が現在の金額で幾らになるかも調べ上げている。
当時の1円は現在の5000円。
正式な徴用工は月40万円以上貰っていた。
25000円の預金を2年で貯めた慰安婦。現在では7000万円以上になる。



マイ・コメント
もちろん、マスターマインドは市民の背後に潜伏。
ヨーロッパ30年戦争後、賠償は国家間で行われると決定され、
これが長らく実行されてきた。しかし、国家のないユダヤ人を
対象に個人賠償権が考案され、ドイツでは基金が創設された。
米国で最初に個人請求権で対日本企業に裁判が起こされた。
しかし、既決済みとされた。米国の司法制度が確固として
いたため、門前払いを食った。そこで、司法制度があいまいな
ところに目を付けた。中国、韓国、北朝鮮だ。



[PR]
# by ars_maki | 2018-11-15 21:01

猫の手

d0112879_18141251.jpg

[PR]
# by ars_maki | 2018-11-13 18:14