日々の読書、愛犬たち、翻訳、手芸など


by ars_maki
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

<   2010年 04月 ( 14 )   > この月の画像一覧

Gestern es regnete heftig.
Der Boden war nicht nur nass aber auch es gab
viele Pfuetzen.

Ich habe Ronchaen begegnet.
Er war so freunclich.
d0112879_2233689.jpg


Bonchaen und Chopperchaen freuten sich sehr.
Sehen Sie mal ihre schoene Koerper!?
d0112879_22344475.jpg

d0112879_22382160.jpg

[PR]
by ars_maki | 2010-04-17 22:35 | 愛犬

Sometimes one feels

time flies too fast to catch up with while one is running
with it.

I've recalled this time last year; the year has seemed
to me much longer than 365 days.
It seems to have passed more than a few years at least.

This must have been due to the way how I've been feeling
about life in general or not only about my life but also those
people's that I've been concerned with.
This does not mean I've dwelled a lot on the others' lives;
for example, about my nephew's grandfather, who had been
hospitalized, whom I visited a few times; or somebody
else's, who comitted a suicide last February; I've been still
thinking about him, though I know very little about him.

As for my nephew's grandfather, he was finally transferred
here from Otsu to his nursing home.Today I went to see him
with my nephew.
He looked much better than I had expected.

My nephew told me how he and his grandpa spent the hours
on their way here.
They had lunch in Hamamatsu, enjoying eels.
They enjoyed viewing cherry blossoms out of the Kansai Area.
Listening to him telling me the long journey, I could feel how
they had felt. Somehow this was the song I had on my mind.
[PR]
by ars_maki | 2010-04-14 22:45 | 季節

Gestern nachmitag

June unc ich suchten Mary, die neben bei einem Laden wohnt,
zu gruessen.
Marychen gefaellt June sehr, aber June weniger gefaellt Marychen.

June eilte sich hinein und dabei eine Orchidee fast fallen lassen.
June mag eine persona non grata sein, aber sie hat keine
Ahnung davon.

Wir treten auf dem Teppich von Kirschbluetensbletter.
[PR]
by ars_maki | 2010-04-14 09:20 | 季節

スプリングコート

d0112879_18221781.jpg
こちらが2歳のコートです。
色映りが良くありません>_<。
[PR]
by ars_maki | 2010-04-10 18:22 | 季節

コートは2歳

2年前に作ったものの、芯を貼らずにヘナヘナして
いたコートに、芯を貼り、ボタンホールのために
ブランケット・ステッチしたり、
ポケットも大きくして、何とか着られるようにした。

ポケット、脇に付けずに前身ごろの方に付けてしまっていた。

キンカ堂が倒産。
ニュースでは45億円と聞いたが、近くの人たちから
聞いたのは48億円。
キンカ堂が閉店してしまい、何かと不便。
かがり糸というのは、絹のより糸で、ボタンホール
のために良いらしい。
最寄のデパートに行ったが、なかった。
ボタン付け用の糸でボタンホール。

で、買ったばかりのボタン付け糸が紛失。
結局、手縫いの絹糸を2本にして、最後のボタンホール 。

d0112879_023086.jpg
写真は先日、出てきた甥の涎掛け。 こちらは25年ほど経っている。
[PR]
by ars_maki | 2010-04-10 00:02

Wenn man neue Geldscheine braucht

Dieses Jahr muss ich unsere Lehrerin unseren Unterricht bezahlen.
Dafuer muss ich nach die Bank fahren um alte Geldschine Neue
zuwechseln.
Ich wusste nicht dass es die Machine dafuer bei einer Bank gibt.
[PR]
by ars_maki | 2010-04-09 00:01

Wir sind zusammen alt geworden

d0112879_20174799.jpg

d0112879_20183936.jpg

Wie das Lied lautet!!
[PR]
by ars_maki | 2010-04-07 20:18 | 愛犬
fuehle ich mich froh.
Heute haben wir Fleisch--Rindfleisch und Huehnerfleisch-- Gemuese, Reise, u.s.w.
[PR]
by ars_maki | 2010-04-06 23:55 | 季節
Ich habe das Heiligenstadtstestament von Beethoven
uebergesetzt.
Ich habe der zweite Satz im Text gefunden:


dir Bruder Carl danke ich noch insbesondere fuer deine
in dieser letzern spaetern Zeit mir bewiesene Anhaenglichkeit;
mein Wunsch ist, dass [ich durchstrichen] euch ein bessers
sorgen [volleres durchstrichen] loseres Leben als mir werde,
empfehlt nicht Geld, ich spreche aus Erharung, sie war es,
die mich selbst im Elende gehoben, ihr danke [Seite 3]
ich nebst meiner Kunst, dass ich durch keinen Selbstmord
mein Leben endigte - lebt wohl und liebt euch, - allen
Freunden danke ich, besonders Fuerst Lichnowski und
Professor Schmnid. Die Instrumente von Fuerst L.
wuensche ich, dass sie doch moegen aufbewahrt werden
bei einem von euch, doch u.s.w.


Ich fuehle Kant ist besser, zihemlich besser zu lesen.
[PR]
by ars_maki | 2010-04-05 17:35 | 読書
ベートーベンの「ハイリゲンシュタットの遺書」。
1802年10月6日に書かれている。

これは、ベートーベンが弟たちに宛てたもの。
6年前に自分の耳が不自由になって、人言えず
苦労したことを綴ったものである。

原文の筆記体をブロック体に直したものです
最初に翻訳英文、後半が原文ドイツ語です。

原文を一瞥して気がつくのは、点が最初から最後まで
ないらしいこと。
注意して読んでいくと、3頁の3行目のところ、
シュミット教授の後に点がある。

ということで、最後まで点がなく、1つの文だと思えた
ものも、少なくても2文であることが分かる。

読んでいて、カントの方が楽かもと思えてきました。

論文の書き方で教えられたのは、モノローグになっては
いけない、読んでもらうことを頭に置きなさい、という
ことだった。
そこで、自分の都合で建てられた回路は後回しにして、
簡略化を図ることになります。
文章も単純化。

先日、ラッセルの英文をドイツ語にしたものを2種類見ました。
読みやすい方は、それほど長いとも思えない原文を切断。
この英断が、読みやすさをもたらしていました。

逆に、18世紀とか、長文に付き合い、著者の思考回路を
追わされることに不満がなかった時代なのかも?という
疑問が出てきました。
[PR]
by ars_maki | 2010-04-05 17:19 | 読書