日々の読書、愛犬たち、翻訳、手芸など


by ars_maki
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29

<   2008年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧

I planned to make a canvas bag or a bag to contain and hold to carry
around a canvas. However, it took me quite a while before I actually
took out the cloth, cut them into pieces. I've just started making it
by putting the pieces into one. Here is one side of it.
d0112879_21233451.jpg

Well, I can not help but feel stitching this with sashiko stitches all
over the cloth!? I bet mimika-san's work has been on my mind!?

It was not that cold during the day time.
I had a nap with Marloowe on my lap.
Taking a seat in the armchair with her is not that comfortable;
Marloowe is rather too big to be seated on my lap which is squeezed
in a pretty tiny area!? Marloowe is not fat, but her slender legs would
be rather cumbersome when it comes to taking a seat with me on and
in the armchair. We had a nap about an hour, though!?
There happened nothing to distract Marloowe; I had no dream.
Funny and yet nice to be reminded that we cuddled together with
each other, taking a nap!?

But in the evening it got pretty cold or the wind was cold.
I made soup after buying a cabbage and shyogoin radish.
Last Saturday I had shyogoin radish with beef, which tasted great.
So I never hesitated buying a head when I saw the turnips.
Taking stock from seaweed and chicken, adding the leftover veggies
---potato and onion---I made today's soup.
d0112879_21421160.jpg


I did burn the pans. At Marloowe's place it is easy to realize how it
goes with pans; for Marloowe would alarm me just in case.
Marloowe would rush and go into the kitchen
before I take a notice of no water in a pan.
At my own place, however, I turn into my worst enemy; I put pan and
doing something else in the other room, completely forgetting about
boiling things. They recommend you should have a fire or a smoke alarm
just in case. That is not a bad idea. I bought a timer, instead.
d0112879_21412131.jpg

[PR]
by ars_maki | 2008-02-27 21:27 | 季節
全く脈略のない3つの言葉のようですが、一応、今日の日記のキーワードです。

今日も外に出ると風がまた冷たかったです。
家の中だとそれほどでもないと感じたのは、Marlooweと一緒に安楽椅子に
腰掛けていたからかもしれません。
シーズーやパピヨン、パグならともかく、中型犬ともなるとキツイものがあります。
脚が長いので、体重はともかく、不自然な姿勢をとらざるを得ません。
お尻のところ、肉が全くないので、クッションを当ててあげます。
これ、Marlooweにとっては決して楽な姿勢ではありません。
私にとっても大変なのですが、二人で窮屈な思いをしながらお昼寝をしました。

小一時間も一緒に抱き合っていたということは、その間、外が騒がしくなかったと
いうこと、また私が疲れていて、夢もみなかったということでしょうか。

寒い日は、スープがお薦めです。
d0112879_2191585.jpg

駅前に野菜の直売所があります。
そこで、今日はキャベツと聖護院大根を買いました。
出汁は昆布とチキン。
チキンはあっさりしていますが、昆布がバックアップしてくれます。
昆布を沢山入れるので、洗ってから入れます。
そうしないと、とても塩辛くなってしまうからです。

タイマーを買いました。
d0112879_21114782.jpg

ずっと気になっていたのです。
鍋を焦がすからです。
消防署でお薦めしている煙を探知するものとかあります。
それも悪くはないのですが、このエルマーの方が矢張り使いたくなって
しまいますよね。

ずっと気になっていたバッグ作り。
やっと始めました。
d0112879_21142952.jpg


これに刺し子をしたい誘惑が強くて困っています。
mimikaさんの最近の創作傾向の影響をもろに洪水のように受けている私です。
[PR]
by ars_maki | 2008-02-27 21:15 | 季節

Le vent, le vent

先週の土曜日、都内に10時半くらいまでいました。
居酒屋を出て、帰ろうとしたら直通の電車は強風のために運転停止。

途中まで行けるものに乗りました。
本に夢中になっていて、最後の駅まで行ってしまいました。

乗っていたのは、終電でした。
タクシーで帰宅。

タクシーの運転手さんは、古くからの道と言って迂回しました。
まっすぐに行っていたほうが古くからの道、中仙道だったのです。

どうして、こうもバレバレの嘘をつくのかなぁ?!と驚き呆れました。
この土曜日は、この運転手さんだけでなく、居酒屋に入ったときも
見え透いた手口の勧誘を受けました。

店が変わっていたので、近くにいたお兄さんに聞いたら、
まだその店はやっていないと言われました。
じゃ、お薦めのお店は?と聞くと、紹介されたのは、お兄さんたちの
お店でした。

お店に入ってから、すっかり同じ質問をしたところ、肝心のそのお店の
ことは言わず、ここは午後5時からやっています、と言われました。
笑ってしまいました。

風Le vent, le ventでしたが、le vin, le vinワインは飲まなかった
なぁ~という土曜日でした。
[PR]
by ars_maki | 2008-02-25 22:27 | 季節

ポジャギ

着物のリフォーム教室で知りあった方、韓国に何年も住んでおられ、
織り、染めなどもあちらで学ばれたそうです。

リフォームされたコートにポジャギの技法が使われていました。
ポジャギに関心があることを伝えました。
教えてもらうことになりました。

d0112879_20503282.jpg

d0112879_20521259.jpg

先生のMさんが下さった籤入り煎餅。
大吉でした。
曰く、「財運 目先の損得より先々の目で信用第一
    健康 飲みすぎは仕事にも影響
    愛情 細かい思いやりを大切にしましょう」
[PR]
by ars_maki | 2008-02-20 20:50 | 手芸

やっと更新?!

ずっと更新をサボっていました。
サボり始めるとドンドン深みにはまったかのように放ってしまいます。
以前より今回は長くサボっていました。

翻訳のほうは遅々としていますが、久しぶりに針と糸、ミシンに触れました。

こんなものを先ずは作りました。
d0112879_2358217.jpg

これは、何かというと・・・・、
d0112879_23585071.jpg

編み棒を収納するものです。

端切れで、ランチョンマットとコースターなども作りました。
d0112879_001336.jpg

d0112879_002875.jpg

d0112879_004555.jpg


作り始めると、一気にやる気が起きるというか、爆発してしまいます。
オークションで落札した古布でバスマットも作りました。
d0112879_025956.jpg

中の芯は甥が保育園で使用していたお昼寝用のマットです。
裏の布は既にボロボロでした。捨ててしまおうかとも思ったのですが、
表はまだ使えそうでした。そこで、マットの芯、キルト芯代わりにしました。

同じ布でもう一枚、縫い合わせて刺し子にして、矢張りマットにしました。
こちらは芯を入れませんでした。写真に失敗。載せられません。

こちらは酒のバッグです。繋がっていたものを切って、二つにしました。
d0112879_074288.jpg

繋がっていると、酒瓶はともかく、普通のバッグとしては使い勝手が良くありません。
二つにして小物を入れても良いかもしれません。
[PR]
by ars_maki | 2008-02-16 23:58 | 手芸