日々の読書、愛犬たち、翻訳、手芸など


by ars_maki
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2008年 01月 ( 6 )   > この月の画像一覧

今年の目標

お正月から既に半月が過ぎました。
今年の抱負ないし目標は、翻訳の目処をつけることが第一です。

三年ほど前に縫った着物を着て、帯止めにミメント・モリを
付けてみました。
d0112879_5305127.jpg


半襟は、去年のクリスマスにrokuさんが贈り物を下さった際、
一緒に頂いた布の一部を使わせていただきました。
d0112879_531248.jpg

[PR]
by ars_maki | 2008-01-15 05:31 | 季節

My Resolution

So two weeks have passed since the New Year's Day.
My resolution of this year will be to sort out every thing I started
in the past, especically the translation of Ray Monk's biography on
Bertrand Russell.
First I felt at loss for I found the two volumes of the biography
pretty iconoclastic.
While translating different aspects of Bertrand Russell came into
my sight, which I've felt worth reconsidering.

So, this year's resolition for me is memento mori.
d0112879_053140.jpg

I put on kimono with an ivory skull attacehd on my obijime.


The haneri was made out of the cloth roku-san had sent me.
d0112879_054413.jpg

Thank you so much, roku-san!!
[PR]
by ars_maki | 2008-01-15 00:02

"A Time for Us"

下に、ピンセントとウィトゲンシュタインのことを書きました。
二人の魂が触れ合うところが描かれていて、目頭が熱くなりました。
ピンセントは死んでしまいます。
母親からの手紙が出てきます。
最初はウィトゲンシュタインの声。次は母親の声。
母親の声になるところで涙が出てきてしまいました。

ピンセントとウィトゲンシュタインの場合は戦争が永久に二人を裂いて
しまします。
人は生れ落ちた時に闇から光の中へ、そして死ぬ時はまた闇の中へ
入って・・・とウラジミール・ナボコフがSpeak Memory
一番最初の頁に書いていました。戦争や或る種の限界状況は二つの闇の間を
急速に縮めてしまい、闇の間の光が凝縮されます。
ロミオとジュリエットの場合も当てはまる気がします。

「ロメオとジュリエット」は何度も映画化されています。
1968年版のロミンジュリ(シェイクスピアを研究している人たちが
このように短縮しているのを耳にしました)は、Olivia HusseyとLeonard
Withing主演です。

メーンテーマに"A Time for Us"という曲があります。
実際には映画のサウンドトラックではないそうです。
これを歌っているのは、Barratt Waughバラット・ウォー。 
男性だそうです。

最新版ロミジュリはレオナルド・デカプリオとクレア・デェインズ主演です。
"A Time for Us”は何度も繰り返して見ませんが、最新版のほうで
"Young Hearts Run Free"は何度も飽きずに見ています。
[PR]
by ars_maki | 2008-01-08 04:29 | 読書

The World As I Found It (ita.)

So , there are stories in this story.
Each could be as unforgettable as the other.

However, the most lingering one was about David Pinsent.
The Tractatus-Logico-Philosophicus is dedicated
to the memory of David Pinsent.

There isn't that much to know about Pinsent; thre is just a scacity
of information, for example, even in Wikipedia.

Since this is a fiction and to make things work, the author has
changed time in certain cases. Yet still the essence will remain
for the reader to check with the other texts and textures.

So, David Pinsent.
In this novel Pinsent is extremely intelligent and yet lacks wit
to go through bullies and abuses at school. This is before David
meets Ludi or Ludwig Wittgenstein.
Their social backgrounds and standings are so different and yet
they've got some kindred spirits.
When Wittgenstein went to Norway to work on his problems in
logic, David was there with him.
War broke up and they had to bid farewell to each other; they
were to fight against each other for their own countries.
They promised to meet again when the war is over.
But they can never make this; Pinsent dies on the front working,
taking care of the wounded and injured.
The climax is Ludi reading the letter from David's mother, telling
him how her son died.
This passage will bring you tears to your eyes!

As Nabokov writes we live between "a brief crack of light between
two eternities of darkness" or "abyss." In somce cases, the second
abyss is so close at hand. So was with David Pinsent. So was with
Romeo and Juliet. A Time for Us lingers on our mind and heart,
when we think and feel of people in love.
[PR]
by ars_maki | 2008-01-06 23:54 | 読書

The World As I Found It (ita.)

d0112879_32385.jpg

The World As I Found It, Bruce Duffy,
Ticknor & Fields, 1987.
This book has been and will be one of the foods when it comes to
how the reader tries to understand Ludwig Wittgenstein.

There are at least a few basic and fundamental codes and contexts
that have been working and weaving the whole texture of this book.

1. Jewish Legacy,
2. Viennese background, in historical as well as cultural contexts,
3. Unexplored sphere which seems to have been taken granted
with the label of philosophical differences and approaches between
Bertrand Russell and Ludwig Wittgenstein
4. Also unexplored have been private and personal lives of Wittgenstein.

There are at least a few novels trying to look into Ludwig Wittgenstein's
private life, if not to claim his inner depth.
For example, Thomas Bernhard wrote two books about Wittgenstein.
One is in Japanese: Wittgenstein's Nephew.
The other book, which I read in English, whose title I can never recall;
the books was so boring that I wanted to quit reading and just to throw
it away; this was exactly how I felt about the book, each time I turned
page after page.

This book makes a good contrast when you try to measure if it is worth
reading by figuring how easy, exciting and intriguing you find it.
Before I forget, I might as well put down some interesting stories within
this story.

(continued)
[PR]
by ars_maki | 2008-01-05 03:23 | 読書

The World As I Found It (ita.)

この本は、去年読んだなかでも印象に残りそうです。
d0112879_83305.jpg

The World As I Found It, Bruce Duffy,
Ticknor & Fields, 1987.

Wittgenstein、Ressell, Moore, Ottolineも勿論、登場です。
WittgensteinもRussellも感情移入をされていない気がします。
これは、第一に哲学者は理性的な人物であり、感情的ではないという
固定観念が多いに働いているせいかもしれません。
RussellもWittgensteinも共に感情が豊かです。

Russellがスピノザ的観想生活を理想に掲げていたのはなぜか?
ダークな内なる燃える炎の瞬発的かつ激情的炎症を避けたのでしょう。
RussellがOttolineに惹かれていたのは、Russell自身が言うように、
情熱、生への炎でした。

この小説は、中心は矢張りWittgensteinにあります。
Wittgensteinの繊細さと魂の深さを具体的な史的記述のもとに
おこうとする試みです。

一番印象に残ったのは、David Pinsentです。
ウィキペデアを見ても殆ど出ていません。
とても重要な人物なのに!

この小説では、ピンセントは数学は勿論のこと、ともかく知的な青年と
して出ているだけでなく、貧しい家庭という背景と相俟って、虐めに遭う
典型的人物という風に描かれています。
鞭で打たれながらラテン語の未来完了の語尾変化を暗誦させられたり、
スポーツ苦手な青年にこれでもかというハラスメントが下ります。
父をなくし、母一人、子一人の生活になったのですが、母は父が
亡くなったことから精神を病んでしまいます。

裕福な家庭の子息であるWittgensteinとの対照性がすぐに浮き彫りに
されてしまうのは仕方がありません。
二人は、御存知のようにノルウェーに行き、Wittgensteinは論理学に
没頭。ピンセントは休暇を楽しみながら、Wittgensteinと生活して
いました。

ピンセントの心の動きが端々に描かれ、思わず目頭が熱くなりそうに
なります。・・・・戦争で負傷した兵士たちの介護にあたったりしていた
ディヴィット・ピンセントは戦場で流れ弾に当たり、亡くなります。

WittgensteinはKeynesからPinsentの死を知ります。
これが通常の伝記の範囲です。
小説では、ケインズの手紙は勿論ですが、ピンセントの母がWittgensteinに
手紙を書いてきます。これを読んで、涙がこぼれてしまいました。

他にも色々と仕掛けが用意されていて、飽きさせません。
例えば、オットー・ヴァイニンガーが自殺しますが、葬式に12歳のWittgensteinも
出かけていくのです。兄のHansも出ていました。この葬式の後、誘われる
場面が出てきます。Wittgensteinが疾走したのは言うまでもありません。

史実と微妙に違うところがある場面もある気もしますが、小説としては
よく出来ています。何より、感動させるところは特出すべき点です。
トーマス・ベルンハルトというオーストリアの作家が二冊ほどWittgensteinを
テーマにして書いています。
日本語になっているのは、『ヴィトゲンシュタインの甥―最後の古き佳きウィーンびと』。
それともう一冊英語で読んだものがありました。単調というか詰まらないのです。
前者はタイトルを憶えていましたが、後者にいたってはタイトルさえ忘却の彼方です。
このThe World As I Found It(ita.)は、ベルンハルトの本より厚いの
ですが、一気に読ませてくれます。お薦めの一冊と言えます。
[PR]
by ars_maki | 2008-01-04 07:50 | 読書