日々の読書、愛犬たち、翻訳、手芸など


by ars_maki
カレンダー

<   2007年 11月 ( 36 )   > この月の画像一覧

un petit cadeau ----- card

I received a pretty present today.
Here it is!
d0112879_17522487.jpg


The other day I sent Aoi and her mother a pillow, a pouch and
a framed embroidery.
Aoi had made this card with a little help from her mother.

d0112879_1754128.jpgd0112879_17541760.jpg

I bet the seal at the bottom was carved by her mother.
I had started making Marloowe's seal but not finished it at all.
[PR]
by ars_maki | 2007-11-29 17:55 | ネット
d0112879_22205434.jpg
先日、ウィリアム・モリスの図柄生地を使ったキッチン・ミトンを
お贈りしたところ、とても喜ばれた。

The other day I presented this pair of kitchen mittens;
can you recognize William Morris pattern at the bottom
of each glove?

モリスについても少し読もうとして図書館から何冊か本を
借り出してみた。

I took out several books on William Morris.

d0112879_2265594.jpg

『小野二郎セレクション  イギリス民衆文化のイコノロジー』、平凡社、2002年。

This was one of them.

著者の小野二郎氏はウィリアム・モリスの研究家だが、
広く英国文化に関して随筆を著わされている。

The author Jiroh Ono expertises on William Morris.
He has also wrtten essays English culture in general.

食文化に関するエッセイの一つで、英国では食事に関して
大袈裟に騒ぐ事がなく、関東的だというのだ。
関東は「食わぬど武士高楊枝」よろしく質素な食事を心がけるが、
関西は食べることを楽しむとあった。

リンク先のブログで、美味しそうなのは矢張り関西圏のものだ。
道理でなぁ~と頷いたのだった。

In one of his essays in this book, he quotes the persistent idea
about English foods; they are plain and never meant to palatable
or entertaining to gourme people. According to the author,
the Japanese palatable have been in the Kanasi Area, while
in the Kantoh one is supposed to endure plain foods, as they
do in the Britain.
They do enjoy foods in the Kansai Area.
I must say this is true; the blogs, where one sees tasty dishes,
seem to be from the Kansai Area.
[PR]
by ars_maki | 2007-11-28 22:00 | 読書

リスのポーチ

d0112879_23315747.jpg
昨日、これを日記に載せる予定でした。
ワインを飲んでウトウトしている間に今日になっていました。

I was to post this image yesterday.
I had wine to toast over an e-mail.
I woke to find it was another day.
[PR]
by ars_maki | 2007-11-27 23:32 | 手芸

The Man of Embroidery

d0112879_21312368.jpg


The author writes about traditional arts and crafts of 景徳鎮 or
Jingdezhen.

One of the stories is about a man who ran an embroidery
workshop. His atelier or shop went bankrupt; he was taken
as debtor. He served the Islamic intruders.

He took a chance on his embroidery, in which a school of
goldfish was depicted. This was, however, very subtle; the
main part of the work was done in geometrical patterns.

His tapestry was presented to the leader of anti-Islamic people.
The artist was summoned up by the leader, after the Moslems
were defeated.

The leader said he had appreciated the embroider's guise,
in which the whereabouts of weaponry were located.

「金魚群泳図」

陳ヒ舜臣による『景徳鎮からの贈り物 中国工匠伝』の
一番最初に出てくる伝え語り。

目次に「望郷の念やみがたい名工が流刑地で刺し上げた
金魚の刺繍の秘密」というキャプションが付けられている。

読書は、刺繍名工の刺し上げた「金魚群泳図」の秘密とは
何ぞ?と誘われることになる。

清の時代、中国はさまざまな侵略を受けた。
景徳鎮に住み刺繍工房を営んでいた刺繍の工匠は、事業に失敗。
侵略者のイスラム教徒に仕えることになる。

刺繍の工匠は、傑作を反イスラム勢力の武人に奉げる。
幾何学模様の中央に金魚の群れが泳いでいるものだった。

捕虜を解かれたばかりか、工匠は呼び出されて、特別に誉められる。
武器庫がどこにあるか、軍事的な拠点が刺繍されていたからだ。


陳ヒ舜臣による『景徳鎮からの贈り物 中国工匠伝』、新潮社、1993年。
[PR]
by ars_maki | 2007-11-25 22:27 | 読書

How one might improve one's life

Yesterday I went over to see and learn
how our life could be improved.

If you throw away apple peel, for example, it would be
just wasted. However, it will enrich your soil if you try
to turn the peel into microorganism by blending with bran
and other crop activator.

One might feel that one's life has been
inundated with a lot of poison and other things.
What was striking to me was that I knew nothing about
the most commercially known oil as the least carolied one.
They export this oil to US and Canada following the legal
regulations imposed by these countries. However, what
we have here in Japan thye never take the trouble to
mind taking consideration about the state and condition
of their product, in short, the Japanese version of Econa
would accumulate fat for a long span of life and expose
intaker's liver to damages.

They say other oil which is little known excells in its quality
than the most famous oil. The oil next to Econa Oil is much
more recommending, when it comes to comparing their
qualities. However, Econa could be more self-recommending.
d0112879_952288.jpg


Also I learned that you can guess how vegetables have been
cultivated and grown. If vegetables are grown with effective
microorganisms, they will show themselves by their symmetrical
lines and figures on their leaf shapes, for example.
[PR]
by ars_maki | 2007-11-24 08:28 | 健康

消費生活展

着物のリフォーム教室は、実際には消費者運動ないしエコ活動の
一環としてあります。
コマーシャリズムに慣らされているため、ともすれば良い生地、
珍しい図柄などに眼が行き、高価なリフォームものを志向しがち
だったのですが、それだけではない活動を盛んにしているのを
今日はしっかりと観てきました。

自然栽培とか有機栽培とかよく耳にします。
実際に有機栽培の野菜や果物を食べています。

なぜ有機栽培が良いのか?
d0112879_17422622.jpg
d0112879_17424342.jpg
左は農薬を使って栽培したイモの葉。
右は自然農法で栽培したイモの葉。
有機栽培のイモの葉は左右が対象。

健康なイモの種株の一つからは、
d0112879_1813226.jpg

こんなにも立派なイモが育ってくるのだそうです!

健康な人間が病気になり難いように、健康な栽培野菜も虫に食われ難い
のだそうです。虫がついている野菜を見るとガッカリする私たちですが、
害虫(?!)が野菜の健康について教えているという見方も出来ると
いうのです。

既によく知られていますが、生ゴミで有機栽培したり、家庭の生ゴミを
利用して野菜を育てたりする実際のやり方を教えてもらってきました。

いかに商業主義に毒されているかを感じたのは、油に関してです。
ポテトチップスが油だらけだというのは皆が知っていますが、
一袋80gのポテトチップに対して油はどのくらい含まれているのか?
な~ん~と、25gも含まれているのです!?


コマーシャルでお馴染みのエコナの油、
名前からしてエコしているみたい?!
既にTVなどで御存知でしょうが、トランス型脂肪酸が問題視される
というのです。

トランス型脂肪酸とは、油を精製する過程で高温、高圧を加えると生じるもので、
とり過ぎると心臓病などの現代病の引き金となりやすいものです。
欧米では販売禁止になったり、含有量の表示を義務化しているのに、日本では
どちらもなされていないのだそうです。

エコナはカロリーをおさえていることがセールスポイント。
しかし、国内用のエコナはトランス型脂肪酸が一杯。
輸出用エコナはトランス型脂肪酸を抑えているとか。
この事実は既に明らかにされ、以前は600円以上にしていたのが、現在は
400円なんぼとか。200円も安くなっているのだそうです。
値段も大事ですが、トランス型脂肪酸をどうにかして欲しいものです。
エコナより著名度が断然と低いものの、お勧めの紅花オイル。
コマーシャルの影響力を見せ付けられる思いがしました。

なお健康推進商品のマークがエコナには付いています。
これは研究したということ、および20万円を支払って審査を受けただけ。
う~ん、こういうマークはすぐに信じてしまいそう・・・。

その他にも色々と教えてもらってきました。

昨日載せたリュック、ワイシャツから作ったエプロンを買いました。
d0112879_20132985.jpgd0112879_20134262.jpg
d0112879_962619.jpg

[PR]
by ars_maki | 2007-11-23 17:44 | 季節

エコ活動

ずっと前に傘のビニール地を再利用してバッグを作るという
ことを書きました。
これがその一つです。
d0112879_8451983.jpg


The other day I mentioned recycling old umbrella cloth
by making bags. This is one of the ways to re-use it.

これは、もちろん、普通の布でも作ります。
d0112879_845547.jpg

Surely you can make this type of bag with ordinary cloth;
this won't take much time to finish.

このタイプのバッグだとすぐに作れそうです。

こちらは一日ないしそれ以上も製作にかかるそうです。
d0112879_8465925.jpg

However, this bag you may have to spend a day to complete!?
[PR]
by ars_maki | 2007-11-23 08:50 | 季節

風呂敷、Furoshiki

d0112879_1063747.jpg

The pillow I made for Eddi-mama is rather too long
to put in a plastic bag nor to wrap up in a sheet of paper.
So I've rolled it up in a furoshiki.

アオイちゃんとポーラちゃんの枕は長すぎで適当なビニール袋もなく、
また包装紙も大きなものがありません。
そこで、風呂敷に包むことにしました。
[PR]
by ars_maki | 2007-11-22 10:07 | ネット

ポーラ試作3

ポーラちゃんの試作3です。
d0112879_18193815.jpg


実際には、この絵を一番先に描いています。
そこで、試作第一号になるはずでしたが、
クッションにしようとしたら生地不足。
急遽、枕に変更です。
d0112879_18195732.jpg


アオイちゃんとポーラちゃんに頭ないしあごを
載せてもらおうかな?!となりました。

おまけ。


d0112879_1095089.jpg
イタリア製のウールのジャケットタイプ・ハーフコート。
気に入っていたのですが、虫に食われてしまいました。
刺繍で繕ってみました。
エディーママさん、リサイクルでもOKでしたら、こちらも一緒に
お送り致します。
[PR]
by ars_maki | 2007-11-21 18:20 | 手芸

ポーラ試作1~2

ポーラちゃんの試作1は額に入れました。
d0112879_20584915.jpg

刺繍が細かいため、実用には適さないようだったからです。

ポーラちゃん試作2はポーチにしてみました。
d0112879_205321100.jpg

裏は、こうなってます。
d0112879_20533357.jpg

[PR]
by ars_maki | 2007-11-20 20:50 | 手芸