日々の読書、愛犬たち、翻訳、手芸など


by ars_maki

<   2007年 10月 ( 34 )   > この月の画像一覧

フェルトの本

先日、アマゾンに注文した本が昨日、届きました。
予定より3~4日も早かったので驚いてしまいました。
遅れることのほうが多いからなのです。

Mimika has been using felt, which expands her creative work and
skills tremendously.
I've only used ordineary cloth and applied patches and tiny
pieces as applique' work.
I felt I had to study felt as material and techniques.
Yesterday I received this book from Amazon.

d0112879_21291419.jpg

How We Felt: Designs + Techiniques from Contemorary Felt Artists,
Carol Huber Cypher, Interweave Press,2007.
これは、フェルト自体から自分で作る、作品ないし製作するものに
即してフェルトを自分で作るのです。
出版社は、先日御紹介した手芸雑誌の「ピースワーク」も出しているところです。

This book could guide you what variety felt work offers you
if you try to make your own felt.
The publisher is identical with the one publishing "Piecework."

で、どんなものを作っているのか、というと・・・

These are a few items listed in this book.
d0112879_21302338.jpg
d0112879_21303114.jpg

d0112879_21405998.jpg


この本は、現代のフェルト作家たちが完成した作品を先ず全部紹介しています。
最後の数ページで基本的なことが出てきています。
最後に基本的なことが書いてあるのを知らず、素晴らしい作品ばかりが
ズラリと並んでいたので、私には無理だと思ってしまいました。
で、落ち着いてまた本を捲ったら、最後に初歩のこと、基本が載って
いたというわけです。

フェルトは色んな繊維から作れるようです。
パンティストッキングの胴体部で帽子や花瓶を作れるとあります?!

When I first browsed this book, I was overwhelmed by the sheer
brilliance and exqisiteness of these works listed and introduced.
I felt I could hardly manage to make any felt piece at all.
I felt totally helpless.

Today I tried the last pages and found the very basic facts about
how one could tackle in making felt; any fabric material is good
enough to turn into felt, it says, I was amazed to read that
pantyhose is extremely useful to make ties from legs and also
vessels and hats from the top portions.
Isn't this something good to know about?
[PR]
by ars_maki | 2007-10-31 21:31 | 手芸

Still working on Shiro the boxer

昨日は、あたふたとしていて、一昨日の続きをしただけで、
まだ完成していません。

Yesterday I was too busy to finish the piece.

d0112879_1121148.jpg

[PR]
by ars_maki | 2007-10-31 11:00 | 手芸
d0112879_3371177.jpg

シロくんを刺繍だけで表現しようとしているのですが、
サイズを小さくすべきでした。
A4の半分ほどの大きさなので、沢山刺さなくてはならない
羽目になっているからです。

I've started working on this piece "Shiro the Boxer."
I should have made it much smaller; I've been compelled
to stitch quite a large area, while I should have covered
much smaller ares by making use of, let say, applique' for
the basket Shiro is relaxing in. Anyway I should have made
this half the size as it is now. It's too late now.
All I can do is now finish this first and start again with a new
and smaller one.

シロくんの左横は刺繍展に出された作品2点です。
かなり自由にアートとしての刺繍を追及しているものです。
d0112879_343153.jpg


Celebrating the Stitch, 1994.
「刺繍をこえた刺繍展」、朝日新聞社主催、1994年。

このシロくんの習作は、単独だとかなり個性が強いので、
「これ使ってください!」とバッグにして贈るのはどうかなという
感じがします。
矢張り、それなりに普通にトーンダウンしないといけません。

あるいは、更にブットンダものにしてアートを目指すかです。
今の課題は贈り物を出発点にしているので、トーンダウンの方向を
とることになります。

I'm afraid this study of "Shiro the Boxer" looks a little unusual
and extraordinary to give away to Shiro's mother .
She might be shocked. So I'll have to adjsut to some ordinary
mode.
[PR]
by ars_maki | 2007-10-30 03:37 | 手芸

Work in Progress

I started embroidering Shiro the boxer.
It looks like I'll have to spend quite a while
before I finish this, though.

d0112879_4284788.jpg


これまで、ボクサーの試作ないし習作は絵が中心でしたが、
これは刺繍を中心にする予定です。
シロくんのお母さん、ドッグショーでミシン刺繍の犬に感心したそうです。

手の刺繍だと歪みがかなり出てしまうことになると思いますが、
精々、シロくんのことを思って刺繍しようと思います。
[PR]
by ars_maki | 2007-10-29 04:28 | 手芸

ネクタイのリサイクル

先日、雑誌「ピースワーク」"Piecework”の9月~10月号の記事を
二つほど挙げてみました。

この雑誌でも、読者がすぐに作れそうなものを自ら試し、
そのアイデアを紹介しています。
d0112879_4185949.jpg


例えば、ネクタイ5本をそのまま利用して、扇子のパターンを
表わしている枕。
羽織の羽二重と絹のネクタイなら材質的に合う気がします。
ネクタイも特定の人のものだと、好みないし傾向が一定して
いますから、そのまますぐに製作に取りかかれそうです。

左のバスケットのパターンは古いキルトをリサイクルして
テーブル・ラナーに作りなおしたもの。

下の欄には、この雑誌のサイトからDLD可能な型紙や作り方を
紹介しています。サイトより、紙のほうが好いという人には住所を
書いた封筒に切手を貼って出すと、郵送してもらえるそうです。
[PR]
by ars_maki | 2007-10-29 03:11 | 手芸

d0112879_2584873.jpg
久しぶりにバッグを作るので、てんやわんや。
Finally finished making the bag depicting Anko and Shiro.

昨日はあんこちゃんがはしかに罹ったようなほっぺになっていました。
実際はとっても細面。それに眼がとても優しいのです。
アップリケと刺繍では優しさがイマイチです。

Corrected the mumps face of Anko.
Hope she looks OK now.
With applique' and embroidery I found it no easy to express
how tender and gentle Anko's eyes are.

裏はこんな感じになっています。
d0112879_250323.jpg

If one turns over the bag, it looks like this.
[PR]
by ars_maki | 2007-10-28 02:49 | 愛犬

季節はずれですが・・・

d0112879_1744640.jpg

ボクサーのシロくんとボクサー・ミックスのあんこちゃん。
下絵に失敗したので、アップリケと刺繍にしてみました。

I've tried to depict Shiro the boxer on the right and Anko the
boxer mix on the left. Here they are on the cildren's day or
May the fifth.

実物のシロくんとあんこちゃんの可愛さを表わすことは出来ていません>_<。
d0112879_1715911.jpg

This is the original photo I referred to.

あんこちゃん、下膨れになってしまっています。
これを直さないと駄目です。
Anko-chan looks like she's got mumps in my work.
I must adjust her mumps.

mixiの日記に載せるとすぐにシロっくんとあんこちゃんのお母さんに
御覧いただけるのですが・・・。
この白熊と桃太郎のマッチは日露戦争で日本が勝利したことを暗示して
いますので、中国や韓国への侵略が背後にすぐに垣間見られてしまい
感心しません。戦争をモチーフにしたものは国粋主義に陥りがちですが、
矢張り、考えてしまいます。

I might as well post the applique' work on my diary in mixi
so that Mother of Anko and Shiro could take a look faster.
However, the print I used for Shiro's helmet and the two
"banners" simply remind you of the Japanese imperialism
as well as nationalism. Look at the white bear with the
samurai boy clad in traditional samurai style! This symbolizes
Momotaro or the Japanese conquering the white bear or Russia.
Although wartime motifs tend to be nationalistic, I thought it
over and refrained from posting this in my diary of the mixi page,
for I have Japanese Korean and Chinese-friendly person
in my mixi friends.

この生地は5年ほど前に買って、ズボンを作りました。
大正時代のマッチがテーマですが、「帝國一」とか国粋主義的、ナショナリズム
丸出しなイメージと共に、煙草を吸う女子学生が「学生義人」と題されたものが
プリントされています。
自由な雰囲気をかもし出すと同時に、煙草を吸うこの女子学生の隣には
「さくら」と題してお茶を出している女子学生がいます。
こうしたユーモアも大正時代のセンスなのではないでしょうか。

少し個性的な生地らしく、私がこれを身につけていたら、外出の際に
着ないほうがよいと母と妹に言われました。

I made pants out of this print about five years ago.
The print features matches of the Taishyo Era, main theme
is, as mentioned, wartime spirit, and liberal attitude, as one
can observe in the girl student smoking cigarette, whose
title or topic entitled as "righteous student."
d0112879_17445136.jpg

The Taisyo Ear is noted as the age of liberalism, thus the daring girl
with a cigarrette might be here on the print as well.
Also, remarkable is the girl printed just next to this smoking girl:
the tea serving girl with the title "sakura" or "spy" and "plant."

himawariさん
sakura → 植物 → plant → 回し者 
となっていますね!  Bravo!!, sakuraさん、himawariさん!!
[PR]
by ars_maki | 2007-10-27 17:28 | 手芸

”Piecework”

d0112879_2213526.jpg

米国の手芸雑誌です。
今年の9月~10月号です。
先日、ヤフオクで買ったばかりです。

実際の製作云々よりも、背景と現在を踏まえた歴史、特に現在との関連性から
捉えていて、伝統とオリジナリティを考える人向きなものになっています。

d0112879_22232373.jpg


メアリー・ウェブスターは、1859年生まれの米国女性。
米国で最初にキルトの図案を販売して、版を重ねてたキルト・デザイナーとして
有名なのだそうです。

カウントリーっぽくなく、上品なタッチが特徴のようです。
20世紀の初めに植民地時代の様式がリヴァイヴァルしたそうです。
しかし、それはメアリー・ウェブスターの家の雰囲気とは合わないものでした。
植民地時代のものはヴィクトリア時代の暗い色調でした。
そこで、18世紀と19世紀初期の花のモチーフを基にして、自分の庭の花に
インスピレーションを受け、パステル調の布を選びました。
雑誌の表紙になっているのはメアリー・ウェブスターのデザインを他の
キルターが製作したものです。

完成したシャロンの薔薇のキルトをLadies' Home Journalに送ったところ、
他の図案も送ってくれと依頼されました。
次々とデザインを発表。
メアリー・ウェブスターはキルト・デザイナーの誕生でした。
97才まで生きたそうです。

単に作ることに焦点を当てていると、先行きが狭まりがちです。
この雑誌はとても薄いのですが、ヒントがそこかしこにあります。
また、憎い配慮も感じます。

例えば、このキルト・デザイナーの前の頁は、無償でキルティングに
励んでいる90歳代の女性が紹介されています。

d0112879_2275758.jpg

Muriel Cochranさんはノース・キャロライナにすむキルト製作の達人。
通称グランマは現在、93歳。

寒い冬にはキルト作りに専念します。お隣さんからも離れていて、町に
買い物に行ったときに欠かせないのは、キルト用の布と食べ物。

グランパが作ってくれた大きなキルト用の枠は、今はもう使わず、
ひざ掛けとベイビー・キルトが中心です。
グランパと暮らした農場を売り払い、ノース・キャロライナに引っ越してきた
最初の冬には90枚ものひざ掛けを作ったそうです。
若い頃はもっと手が速く動いたそうです。

90枚も作ってどうするの?
寄付しています。
ミュリエル・カックランさんの手つくりのひざ掛けやベイビー・キルトを
待っている人は期待と希望を胸に待ち続けているのでしょう。

お孫さんのサブリナさんが配送するのを手伝っているそうです。
[PR]
by ars_maki | 2007-10-26 22:37 | 読書

チーズフォンデュー

今日は、近くのイタリアンのお店でチーズ・フォンデューを
いただきました。
d0112879_21315556.jpg

[PR]
by ars_maki | 2007-10-25 21:32 | 季節
tomoさんに額に入れないのかと訊かれました。
確かに、皆さん額装されています。
で、本格的ではありませんが、ボードに貼り付けてから
壁にかけました。
d0112879_2192812.jpg


Tomoaki Shimizu asked me if I would frame the piece I finished
yesterday. Most of the stitchers of this shocora's work have
their pieces framed and displayed. So I framed mine too.
I firstly had thought of making a pencil case from this cute
design. So I only have it on the cork board.

これは100均で買ったものです。
100円でもコルクを使っています?!
ついでに、ムーミンのビスケットを見つけました!?

I bought the cork board at the one dollar shop.
There I found Moomin Biscuits flavoured with cocoa.
d0112879_2125987.jpg

ココア味と謳っていますが、ココアの味はしません。
ムーミン谷のおなじみのキャラクターたちがビスケットになっています。

However they don't taste like cocoa at all.
In this box there are two packages.
I opend one of them to find it has all those characters
from the Moomin Valley.
d0112879_214512.jpg

[PR]
by ars_maki | 2007-10-24 21:04 | 季節