日々の読書、愛犬たち、翻訳、手芸など


by ars_maki
カレンダー

<   2007年 09月 ( 34 )   > この月の画像一覧

The World As I Found It (ita.)

The World As I Found It, Bruce Duffy,
Ticknor & Fields, 1987.

The title of this book is derived from Ludwig Witgenstein's
Tractatus Logico-Philocophicus.
This is quite a thick book, covering 546 pages;
I've only read up to around 160 pages.

So, it might be too rush to judge to know how good this is.
However, I say I've been enjoying reading this book.
It brings you down to Cambride before the World War I:
the time Wittgensteind came to work on logical issues,
harassing Bertand Russell with his stern analysis, which
works not only on himself but anyone who comes close
to him.

The author offers many bits of factural data interspersed
in almost every page of the book.
Despite some logical flaws it provides the reader with insights,
vivid description how main characters' hearts and souls move
and interact with one another.

One might wonder how true some happenings posited here
and there. One might come to take them for virtual realities,
which would keep you from scrutinizing texts, keeping your
pleasure intact, to some extent , I might say, until you try to
face hard-and-fast facets of historic facts.
[PR]
by ars_maki | 2007-09-30 23:54 | 読書
昨日、傘のリサイクルについて3つほど書いたところ、
写真を載せて欲しいという要望がありました。
残念ながら、現在のところ、リクエストには部分的にしか
お応えできません。

(1)の自転車の篭カヴァーは一昨日、作りました。
d0112879_17471492.jpg
d0112879_17472561.jpg

[PR]
by ars_maki | 2007-09-29 17:39 | ネット

傘のリサイクル

昨日は、着物のリフォーム教室の集まりでした。
沢山の落し物の傘。
上のビニールを骨から外して再生利用しようというのです。

幾つか作ったものを見せていただきました。

1.自転車のかごに被せて雨が降っても濡れないようにするカヴァー。

2.巾着

3.ナップザック

1はすぐに出来ます。
頭のところに穴が開いていますから、そこを被せて、
下の部分にゴムを入れられるようにするだけです。

2もそんなに大変ではないようです。
2種類のどの違うビニールを使うと意外にお洒落なものが
出来ます。
形は上履き入れの形で、持ち手が一本付いていました。

3は作った人の話では、かなり時間がかかるそうです。


今度、11月にどんな活動をしているのかやるのだそうです。
その際、傘のビニールで自転車のかごカヴァーを作ってもらうのだ
そうです。
希望者は自らミシンをかけて作るのだそうです。

3つ仮縫いしした。
一つだけ自分のものに貰えるというので、茶系のコンビを
いただきました。

ミシンで縫えるんですね、傘のビニールのところ?!
滑りが良いというかドンドン縫えてしまうので、
逆に進み過ぎてしまい、勝手な模様を縫ってしまいました。
[PR]
by ars_maki | 2007-09-28 22:26 | 手芸
今朝、出かける前に宅配便で梨が届きました。

1個バッグに入れて、Marlooweたちのところに
運びました。

早速、テーブルの上に置きました。
d0112879_20555270.jpg


大きいでしょう!?
Marlooweの頭より大きいです!?

この梨は新高という種類で、大きいのが特徴なのです。
それでも、この梨のサイズは大きいです。
私の住んでいるところでも梨を栽培している農家があります。
同じ種類のものでもこの半分のものが出まわっています。
このサイズのものは見かけたことがありません。

早速、三人でいただきました。
みずみずしくて美味しかったです。

ところで、「しあわせはパリの黒い犬」のmegumillerさんが
愛犬のフレくんのくちびるについて書いていました

Marlooweのくちびるは一部ピンクのところがありました。
Juneと喧嘩をして噛まれたのか、他の原因かもしれません。
で、先日、また見直したところ、全部黒かったのです。
治るのにかなり時間がかかりましたが、元に戻ったようです。
[PR]
by ars_maki | 2007-09-26 21:01 | 愛犬

アラビアくんのバッグ

d0112879_9355756.jpg


アラビアくん、袋にしました。
和装の小物を入れる袋という感じです。

I've made a little bag with the drawing and embroidery of Arabia.

紺の地の生地ですが、黒っぽく見えます。

Though the cloth is dark blue, it looks rather black.

裏はミイです。
On the other side of Arabia is My.

d0112879_9361716.jpg


The Fin comapany producing Moomin mugs is Arabia.

かなりブレていますね。

アラビアくんのお母さんにご連絡して、上の縁はどうしたら一番良いのか
お聞きしたいと思っています。
[PR]
by ars_maki | 2007-09-25 01:35 | 翻訳

Marloow and June at Museum

「バディと一緒」でソレイユちゃんが名画に変身しているのを
発見しました


MarlooweとJuneも絵になるでしょうか?

d0112879_144475.jpg

d0112879_175764.jpg

[PR]
by ars_maki | 2007-09-24 00:43 | ネット

ハーブティー用のマグ

眼が醒めたら、土砂降り?!

でも、朝になったら止んでいました。
同時に涼しい~♪
さわやかです。
まだ、夏の暑さの余韻が少し空中に感じられ
ますが、昨日とは全然違います。

昨日は、妹のところでスーパーで買った格安のカステラを
食べました。MarlooweとJuneは栗。茹でたものを剥くより
ずっと楽なので、栗が粉々にならず、丸ごと上げられます。
でも、1粒丸ごと上げるとアッ?!と言う間に食べて
しまう二人なので、半分に割ってあげました。
カステラ、二人にはほ~ん~の少しあげました。
濃い味ではなく、軽々としていました。

今朝は、愛知のほうからお贈りいただいたフィナンシェを
紅茶でいただきました。
ミイのマグ。これは内側の陶器に穴が開いています。
ハーブティーや紅茶も砕けたものでなく葉っぱのもの向き。
粉々の葉っぱのときは、フィルターを敷けば、OKです。
d0112879_11201832.jpg

d0112879_11203027.jpg


mimikaさんのところで拝見したミイのマグ。
最寄のデパートにもありました。
こちらはタイプこそ違いますが、ミイのイラストは同じです。
mimikaさんがお求めになられたほうは広幅というか、周囲がより大きく、
マグの内側に傘が描かれています。
[PR]
by ars_maki | 2007-09-23 11:23 | ネット

天麩羅鍋

昨日、栗を揚げました。
今日、目先の変わった野菜が手に入り、天麩羅にすると
美味しいといわれたので、しました。
栗を揚げた後、ごみを取っておいたのですが、それでも
汚れていました。

栗を揚げた後、通常の天麩羅は少し無理です。
私とMarlooweそしてJuneはあまり気にしませんが。

今日も秋とは思えない暑さでした。
運動会をやったところもあるようですが、こう残暑が堪える
なかでやるのも中々大変です。

明日と明後日はお休みなのが、せめてもの救いかもしれません。

二人に天麩羅を少しあげました。
もうじき夕飯なので、2~3個だけ。
Marlooweは私の足元で待ちつかれたのか横になっています。

そろそろ、あげる準備をしましょう。
[PR]
by ars_maki | 2007-09-22 18:23 | 季節

栗の皮むき

MarlooweとJune、それに私も栗が大好き。

今まで茹でたものを皮を剥いて二人にあげていましたが、
皮むきが大変でした。
ケーキ作りに情熱を傾けているTさんが栗を揚げてから皮を剥くと
簡単に剥けると教えてくれました。

今日は、それを試してみました。
栗を揚げるときは、跳ねるので、要注意です。
予め、切込みを何箇所か入れておきます。

揚げてから、剥いてみました。
d0112879_20295216.jpg

これだけ剥くのに半時間。

その間に、MarlooweもJuneも栗の香りにつられ、食べたいよ~~と
こちらに視線を送っていました。
Marlooweにいたっては涎がたらたら。
d0112879_20401816.jpg

この画像では涎が写っていません。
カメラを持っている間に涎は止まってしまったようです。

しかし、揚げただけでは硬いのです。
柔らかいものもありましたが、多くは芯がありました。

それに、簡単に剥けるはず!
ということは揚げた栗を蒸すはず!

先日、成城石井で偶々見つけたフランス産蒸し栗。d0112879_2041586.jpg

こんな風に綺麗に剥けるはず!

ということで、揚げた栗を自宅に持ち帰り、蒸してみました。
それを剥いたのがこちら。

d0112879_20421984.jpg
これを剥くのにかかったのはたったの5分!?
冷えてから剥くと綺麗に剥けます!

揚げた栗は、当たり前ですが、油でベトベトしています。
蒸すと、油が取れて綺麗になり、剥いても指が汚れません!
[PR]
by ars_maki | 2007-09-21 20:45 | 季節

このブログの長所

このブログにして半年以上経つのですが、
一番良かったのは、書き込みにイタズラがないことです。
書き込み、半角英文字だけのものは受けつけないからです。

以前、ヤフーのブログを使わせてもらっていました。
こちらにMarlooweとJuneの画像も載せていたので、

どんなのがあるか見に行ったところ、海外からの宣伝URLの
書き込みが沢山ありました。

一応、削除。
また、書き込まれるかもしれませんが、整理して閉める方向に
持っていったほうがいいかもしれません。
[PR]
by ars_maki | 2007-09-21 08:23 | ネット