日々の読書、愛犬たち、翻訳、手芸など


by ars_maki
カレンダー

<   2007年 07月 ( 40 )   > この月の画像一覧

細字用

手芸屋さんで改めて布に描けるペンをチェック。
細字用というのが名前書き用として売られていた。

早速、使ってみた。
d0112879_28777.jpg
d0112879_281617.jpg

d0112879_283430.jpg


矢張り、細いもので描くと眼が描きやすい!
太いものだと二度ほど同じ場所を描くと、眼が真っ黒黒になってしまう?!
細いもので描くと二三度同じ場所をさ迷っても大丈夫。
失敗することももちろんあるが。

頑張って描いていたのはいいが、最後のほうは注意力がなくなり、
イマイチになってしまった。
[PR]
by ars_maki | 2007-07-31 02:08 | 手芸

コスト or lean thinking

今日は歯医者さん。

歯医者さんの近くに小洒落た雑貨屋さんがあり、
帰りに寄るのがほぼ習慣化。

でも、今日は寄りませんでした。
雑貨屋さんには中国製の優れたキルティングのマルチカヴァーや
他にも日本から素材を持ち込んで中国のお針子さんや編む人に
作ってもらって加工賃をおさえた良質のものが置いてあります。
マルチカヴァーはかなり大きなものでも12000円とかで、超格安。

昨日は、先日作ったトップの2~3枚にキルト芯を入れました。
d0112879_12294783.jpg
d0112879_12295668.jpg

この2枚のサイズなら、中国製で2000円ほど。

昨日、ミシンでドンドン縫っていても、時間はかなり掛かっています。
中国製のものを敷いてもしっくりしないし落ち着かないとは思うものの、
「これが見えぬか?!」という価格。
見せつけられると、少し凹むというもの・・・。

機能から観ると、コストを中心にすると、手作りとか割が合いません。
雑貨屋さんの裏に金物屋さんがあります。
そこに、竹細工のざるや篭が店頭にあり、見ているだけでも楽しいのです。
安いのです!中国製かもしれませんが、割箸と違い漂白されていません。
古くなったら、亜麻色になって好い味が出るのだろう等と思いながら、
帰ってきました。
[PR]
by ars_maki | 2007-07-30 12:38 | 手芸
昨日買ってきた手作りキット。
携帯ケースとコサージュ。

早速、作ってみた。

先ずは、コサージュ。
簡単に作れるアイデアが素晴らしい!!
黒地に金ラメの横縞が入るようになっていて、感心してしまった。

問題がないわけではなかった。
作ったコサージュの花を載せる台は金属。
d0112879_1351969.jpg

布と金属をボンドでくっつけるようにとあるが、水に濡れたりしたら、
取れてしまうだろう。
そこで、金属の土台の代わりにレース糸で土台を編んだ。
d0112879_1353042.jpg

余った金属の台にはマグネットを附けてみた。
d0112879_136868.jpg



次に携帯ケース。
表はこんな感じ。
d0112879_137866.jpg

ボタンを2個使ったが、キットにはボタンではなく包みボタンを自分で作るように
なっていた。作ったボタンを紛失。急遽、ボタンに変更。もう片方は紐を縫い付ける
ようになっていたが、それも止め、同じくボタンにした。

[今、底布の上下を間違えたことに気がついた。
錨がこれじゃ~駄目ですね?!]

このキットには致命的なことがあった。
それは裏ないし中に使う布が入っていないこと?!
表を縫うだけで中布を縫う云々とは記載されていない。
使っているうちに、布の端が解れてきて、糸くずが出てきてしまうではないか?!

そこで、自己調達。
d0112879_1422625.jpg


結果は、中々楽しい手作りとなった。
どなたかの家庭科の宿題になって、お役に立たないだろうか?!
[PR]
by ars_maki | 2007-07-29 01:31 | 手芸

Seria

Yesterday I saw hedgehog clips and measure on mimika's site;
mimika is a creative artist whose pouches and bags have been
in magical combinations of color and texture, featuring paintings,
embroidery and stamps. She told me where I should look for,
posting the web site of the shop.

I visited the site and found out that one of their shops located
just around the corner where I live!?
Riding on a bicyle I went over there.

These are some of the items I bought there!?
d0112879_16455561.jpg
d0112879_1646591.jpg


昨日、mimikaさんのブログで素敵なハリくんのマグネットクリップとメジャーを
目撃!?羨望の眼を感じたmimikaさん、サイトを教えてくれました。
早速、最寄のお店をチェック。自転車で5~6分のところにありました。
上の画像は今日、買ってきたばかりのお品の一部です。
[PR]
by ars_maki | 2007-07-28 16:44 | ネット

ランチョンマット完成

d0112879_14474.jpg

これは二番目の試作。
Marlooweと柚ちゃんの共通点を取り出して略画にしました。
どちらにも似ていないものになってしまいました。

ランチョン・マットにしました。
ずっと使っていたランチョン・マットはキルト芯がもう挟まれていない
感じです。煎餅布団ならぬ煎餅マットです。
d0112879_1442260.jpg



順不同ですが、一応、第四作まで完成。
全部を壁に掛けてみました。
d0112879_1444240.jpg

[PR]
by ars_maki | 2007-07-28 01:36 | 手芸

カセレバッグ完成

試作第四号が完成しました。
d0112879_16573270.jpg
d0112879_16574351.jpg


ショルダーバッグのほうが好きです。
市販のショルダーバッグに沢山ものを入れて、壊していました。
で、取っ手や紐を丈夫にしないといけなのです。

ショルダーということで紐にしたのですが、木製や他の素材の取っ手だけの
ほうがずっと見栄えが良さそうなのに、紐を作ってから気がつきました。
しかし、この場合、絵の位置から取っ手にするのは難しいようでした。

今度から、ショルダーにしろ他のタイプのものにしろ、取っ手とデザイン、サイズを
最初から考えておかないと駄目ですね。

カオセレはMarlooweより描きやすいのですが、それでも何度も失敗しています。
失敗したものは、内側のポケットにしました。
d0112879_1711482.jpg
d0112879_1712010.jpg


マーカーの太さも無関係ではないかもしれませんが、弘法は筆を・・・ですので、
練習あるのみですね。
[PR]
by ars_maki | 2007-07-27 17:04 | 手芸
裏のほうも継ぎはぎしてみました。
こんな感じになりました。

d0112879_2282094.jpg


少し大きめなので、トートになります。
麻は丈夫ですが、薄いのでキルト芯を挟みます。
また、その前に大島とこのオレンジ色の布を補強させるために、擦れても
すぐに薄くならないように、接着芯を付けます。

下の緑系の色より、こちらのオレンジ系の色のほうが綺麗に映りますね!?
[PR]
by ars_maki | 2007-07-27 02:35 | 手芸

試作(4) 裏

試作第四弾のカオセレちゃんたち。
矢張り、バッグになります。

裏は、最初、薔薇をクレージー・キルトにしたものを考えていたのですが、
箪笥の中を捜せば他にも大島があるかもしれないのですが、
緑系の大島、既に出ているのは昨日の2種類くらいしかないので、
薔薇を裏にするのは止めました。

カオセレちゃんの絵にすることにしました。
d0112879_10255419.jpg


合わせる布は、茶系になりそうです。
[PR]
by ars_maki | 2007-07-26 10:26 | 手芸

試作 (4) 続きです

昨日麻の布に描いたカオセレに、今日は緑の大島を2種合わせてみました。

この2つの大島以外に他の大島ないし他の麻布を試みたのですが、
うまく行きませんでした。
で、結局、形になったのはこれ。
d0112879_827585.jpg


一応、これは表。
中心に使っているのは薔薇模様。
で、裏は薔薇をイメージして自由にパッチワークしようかな?と考えています。

今日は、この布をはぎ合わせる前にmimikaさんのブログを拝見
緑の縦縞の使い方がとても新鮮なのに感動!
大いに元気を頂き、頑張ってみました。
[PR]
by ars_maki | 2007-07-25 23:28 | 手芸

思い違い?!

先日、Marlooweに引っ掻かれ、Juneの毛の油がついた
ソファー・カヴァーの上から新たにトップにして和風の
ものを縫いつけました。

また、Marlooweに引っ掻かれたら、ぐし縫いするしか
ないなぁ・・・と思っていました。
果たして、御披露目したら・・・全く実害なし。

拍子抜け。
下にしたそれまでの布の香が活きているって
いうことでしょうか?!

となると、新しいものを作るよりも古いものの上に新しいトップを
縫いつけたほうがいいっていうことなのでしょうか?!
この方法は修理に近いですね。
修理のほうがずっと簡単です!

d0112879_23341461.jpg

Marloowe、「これ、いつものとは違うけど、匂いはするからいいかぁー!?」って
感じで嗅いでいます。
d0112879_23335455.jpg

この後は涼しい顔をしていました~♪
[PR]
by ars_maki | 2007-07-25 02:41 | 愛犬