日々の読書、愛犬たち、翻訳、手芸など


by ars_maki
カレンダー

<   2007年 04月 ( 21 )   > この月の画像一覧

MIss Potter: A Novel(ita.),

Miss Potter: A Novel, Richard Maltby Jr.,
F. Warne & Co, 2006.

ベアトリス・ポターはピーター・ラビットの生みの親。

この本は最新作の映画の原作。
d0112879_2481069.jpg


ベアトリス・ポターと云えば、他に知られているのは、

① 画才があって博物学のイラストレーターにも
  なれたのに女性なので、その道が閉ざされていた
② 新種のきのこを発見していた
③ 子供が手に取れる大きさ、ないしは、読んでくれる
  人が子供を膝に載せても読める大きさの本を作った
④ 湖水地方、現在はトラストになっている土地を
  まとめて購入して、農場を経営していた。
  土地を貸している人たちの子供に自分の絵本を
  プレゼントした
⑤ 死後、ベアトリスの住んでいた家も土地も
  トラストとして遺ったので、最後の物語に出てくる
  場面を辿ることができる

といったところだろうか。

この本の作者は、ベアトリス・ポターが湖水地方に移り住んで
から殆ど物語を書いたり描いたりしていないことに気がついた。
ロンドンに住んで夏の休暇に湖水地方に行っていた頃の
ほうが創作意欲が溢れていたのは何故かと疑問に思ったそうだ。
ベアトリス・ポターについて調べてみて、生まれたのがこの小説。

「クイズ知ってるつもり」というTV番組があった。
この本も「知ってるつもり」でいたベアトリス・ポターだが
本当は知らなかったことを教えてくれるものとなっている。

ネタバレになるので、映画ないし原作のこの本を読まれる方は
以下は無視されてください。

一番の発見ないしサプライズは、ベアトリスが出版社の
Warne & Co.の息子の一人Normanと秘そかに婚約したこと、
---ベアトリアの父母が大反対---Normanが病死してしまい
失意のうちに湖水地方に住むことになったベアトリス。
結婚した弁護士のWilliam Heelisはベアトリスが16の時の
初恋の相手。

ベアトリス・ポターの解説を見ても、ノーマンとの恋愛、
ノーマンがベアトリスを励ましたことで、多くの動物たち、
多くの物語が生まれたことは出てこなかった。

そこには、ベアトリスの父母がノーマンとの結婚に反対
したことが大きく影響していたようだ。
ベアトリスの父母の家系も元々は織物業を営む商売人だったが、
遺産で食べられるようになり上流階級の仲間入りした、
一種の新興成金だったが、出版社という商売をやる人間とは
結婚させたくなかったのだった。貴族と結婚させたかったのだ。
そのために、母親のHelenは色々と御膳立てしていた。
それに乗らなかった娘には腹を立てていただけでなく、
絵本作家として売れても結婚しない娘を恥じていた。

父のRupertは芸術家を目指したかったが、法律を学んだ。
余暇は趣味の写真撮影と現像に費やされた。
画家、ジョン・ミレーのために風景や人物を写真に撮った
りもしている。

ポター一家はミレーとはスコットランドで休暇を過ごしながら
交流していた。牧師にして神学者のWillim Gaskellとも
付き合いがあった。ギャルスケル夫人の夫としてのほうが
現在は分かりやすい。

物語の創作の裏を垣間見せてくれるものとなっているだけでなく、
ノーマンの死を乗り越えようとするところで創作が出てくる
ところが感動的。そして、ピーターやモプシィやフロプシィ、
その他のキャラたちがベアトリスを慰めてくれるところが
圧巻。

今、私たちが湖水地方をベアトリス・ポターを偲んで
訪れたら・・・
[PR]
by ars_maki | 2007-04-29 02:45 | 読書

地刺し

先日、テーブルクロスを地刺ししました。

糸が余っていたので、色違いのチェックでもやってみたら、
今度は足らなくなってしまいました。
d0112879_2332673.jpg


地刺しは気楽にやれるところがいいですね。

スカートにもやってみました。
d0112879_2334694.jpg
d0112879_234756.jpg
[PR]
by ars_maki | 2007-04-27 22:52 | 手芸

餅チョコ

d0112879_22403042.jpg

これは韓国製のお菓子、「餅チョコ」。

ドンキーで買いました。一緒に買ったオーストラリア製のTimTam。
d0112879_22415997.jpg


餅チョコはTim Tamより美味しいです。
Tim Tamはチョコレート・クッキー。Tim Tamは美味しくない
乾燥蕎麦。餅チョコは美味しい冷麺。

チョコレート菓子なのに美味しい韓国料理を連想させるなんて優れもの!?
でも、箱のパッケージはイマイチかな?
d0112879_223681.jpg

[PR]
by ars_maki | 2007-04-27 22:36

New Mittens

A friend of mine, whom I came to know through a sort of book club,
bakes apple pies. Last Christmas I sent her a mitten.
d0112879_2363019.jpg

The one with snow crystals was the one I sent her.
The typical dove-heart design looked too mediocre when attached
onto the mitten. It has been made into a different style.
d0112879_2402145.jpg

Inside the mittens I made use of my old dress, which I wore 20
years ago.
d0112879_2422137.jpg


At first I planned to send her these mittens.
However, I had to think it over, for they don't look that great,
though I spend a lot of time to make them. Also it would be a little
embarassing to touch the old cloth despite the fact that it means something to me.

This is the pair I'm going to send her.
d0112879_2443419.jpg

Hope these will be useful when she bakes apple pies!

And the old mittens with the dove-heart has come out . . .
d0112879_2474893.jpg

[PR]
by ars_maki | 2007-04-24 02:44 | 手芸

Again !

d0112879_2254042.jpg

Ottoline Morrell: Life on the Grand Scale ,
Miranda Seymour, Farrar Straus Giroux, 1993(1992).

The other day I finished reading Miranda Seymour's
Ottoline Morrell:Life on the Grand Scale and
found myself admiring the biographer. Seymour has tried to
put flesh and blood into the mythological figure and made us
feel the formidable somebody not only approachable but somebody
like us, though there still remain a few gaps.

先日、ミランダ・シーモアのオットーライン・モレルの伝記を読み終えました。
シーモアには本当に感心してしまいました。
シーモアのリサーチは、サンドラ・ジョンソン・ダロックの『オットーライン伝』より
詳細であるばかりか、これまでのオットーライン像ないしイメージを抜本的に
修正するものとなっています。
d0112879_2146142.jpg

Ottoline: The Life of Lady Ottoline Morrell,
Sandra Johnson Darroch, Coward, McCann & Georgegan, Inc., 1975.

抜本的に修正しなければならないのは・・・

先ず、モレル家の家計が火の車だったことです。
母のLady Bolsoverボルソヴァーは、息子たち3人には遺産が行くようにした
のですが、娘であるオットーラインには行かなくても良いと夫が亡くなった時に
夫がもらうべき遺産の取り決めを義理の息子としているのです。
モレル家も余裕があるとは言えず、フィリップはオットーラインの財布を当てにして
いたところが結婚前からあり、また、フィリップが経営手腕を発揮することを期待
されるわけですが、これが無理。事務能力が二人ともあるとは言えないのです。
更に、オットーラインはプライドが高いので、家計の苦しさを理由にあげて、援助を
しないことにすることも出来ないのですね。武士は食わぬど高楊枝なのです。

貴族のプライドで援助することが習い性になっていたとはいえ、実情を知らない
取り巻きの人たちはオットーラインを揶揄したりからかったり、勝手し放題。
オットーラインは親しくなると、かなり気軽にプライヴェイトなことも教えるのですが、
秘密が守られることを前提にしているわけです。でも、実際にはそうではないのです。

ロジャー・フライというartistかつ評論家には精神的に問題のある妻がいたりして、
色々と相談に乗ってあげたりしていたし、フライがフランスからマチスやピカソの
作品を英国に紹介するのを援助したりしているのです。「現代美術展」が不首尾に
終わっても、また、誰かにフライトオットーラインが愛人関係になると噂された時、
フライにラッセルとのことを隠すための噂を流したのはオットーラインだと濡れ衣を
着せられ、仲が悪くなっても、経済的な援助は続けてあげているのです。

ここには、Mother Julianの影響を見ることが出来ると思います。

オットーラインやラッセルは親しくなっても礼儀を守ろうとする躾を叩き込まれて
いるのでしょうが、他の人たちの場合、そうではなかったようです。
オットーラインに親しくされた芸術家たちは、オットーラインに対して子供が母親に
甘えるように振舞っているのです。ゴシップにもこれは見られますし、作家たちや
詩人がオットーラインからインスピレーションを得て創作しています。
創作を助けることに吝かではなかったでしょうが、ガーシントンや自分とすぐに分かる
ように書かれたりすることは想定外だったと思われます。

The most prevalent image of Ottoline has been that she was
an affluent patroness of the artists. She was a great patroness,
but she was not affluent; her mother or Lady Bolsover made
the arrangement that her husband inheritance would go over to
her sons nad not a penny to her daughter.
Thus, Ottoline had to mind her budget, but this was extremely
difficult. Ottoline did not have enough financial resources
to patronize so many artists; however, she had a very high pride
and would not let herself mind herself more and foremost.
Here one might sense the influence of Mother Julian.

When I first came upon "Mother Julian" in Sandara Johnson Darroch's
biography of Ottoline, I remembered St Julian of Norwich and felt
a gap between the Medieval saint and Ottoline. According to Miranda
Seymour, Mother Julian told Ottoline that one could be charitable
while being very human or even mundane.

(To be continued)
[PR]
by ars_maki | 2007-04-17 21:57 | 読書
We can never do without taking a look at Carrington's
woodblock printing works and her drawings in her letters
sent out to her friends. Here are some of them.
d0112879_142194.jpg

Illustration from school edition of Don Quixote, Oxford UP, 1922.
d0112879_1184166.jpg

Sheperd in Arcadia, circa 1920, woodcut.
d0112879_1235373.jpg

The Servant Girl, one of four illustrations for
Two Stories, published by the Hogarth Press, 1917, woodcut.
d0112879_155540.jpg

This is for Gerald Brenan's letter on August 7th, 1921.
d0112879_181373.jpg

Drawing for Julian Strachey's letter in August 1927, which begins
"Darling, I fairly exploded with laughter over your letter this morning
in bed much to the surprise of little Tiberius who was about to eat
my bread and butter (seeing it was a letter from you, and my attention
was completely grossed.)

There are more to post here, but on this blog they don't look that
great as they are. So I must ask you to try to look at them rather
in printed pages and if possible real ones.
[PR]
by ars_maki | 2007-04-16 01:11 | 読書
Here are some photos bearing Ottoline and Garsington.
d0112879_22513443.jpg

In the middle of the front row is seated Russell, sandwiched
by Dorothy Brett on the left and Julian on the right.
The dog Julian has in her arms is Socrates or Soey, her favourite
of the pugs.

Dorothy Brett was a co-student of Carrington at Slade.
Both of them wore cropheads, which was a kind of fashion there.
d0112879_2331710.jpg

circa 1919. Michael Llewellyn-Davies(after whom J.M. Barrie modelled
Peter Pan, whowse father and uncles all knew Bertrand Russll),
Dora Carrington, Julian Morrell, Ralph Partridge.
d0112879_2383623.jpg

Philip Morrell, Julian, "Tronto" Prewett(Siegfried Sasson's friend),
Juliette Huxley(A Swiss governess for Julian, who married julian
Huxley), Mark Gertler, 1918.
[PR]
by ars_maki | 2007-04-15 23:11 | 読書

Carrington's paintings

I'd like to post some more paintings by Carrington.
d0112879_22303882.jpg

This painting is for the grammophone commissioned by Alix
Strachey, sister of Lytton and pscycoanalysist ( who studied
in Vienna with her brother James; both got sick in Vienna
and Carrington went there to look after them).
d0112879_2234691.jpg

Julia Strachey, Oil on Canvas, 38.1cmx33cm1925.
d0112879_22345172.jpg

Mrs Box, Oil on Canvas, 36cmx30cm, 1919.
d0112879_0435092.jpg

Samuel Carrington, Oil on Canvas, 16inx14in., 1915.
This is Carrington's father.
d0112879_0472462.jpg

Yegan "landscape," oil on canvas, 68.6cmx78.7cm, private collection,
1924. Gerald Brenan lived in Yegan. This was made into the cover
of Brenan's Personal Records, published in America.
d0112879_0482422.jpg

Flowerpiece, circa 1932, oil, ink and silver foil on glass, 39.5cmx39.5cm,
Bloomsbury Workshop.
To make up for her income Carrington worked on pieces of
glass parinting, which were sold by Francis Marshall(later Partridge)
in London.
As one might see a lot of humour in her drawings in her letters,
this tromp l'oeil window shows us how sense of humour works
in more refined piece of work.
d0112879_137031.jpg

The Cook and the Cat, tromp l'oeil window
at Biddesden House, 1931.
[PR]
by ars_maki | 2007-04-15 22:49 | 読書
I was wrong in putting down "half an hour" and remembering
the time duration for Ottoline to persuade Carrington into
giving up her virginity. On Monday morning in bed, July 31st, 1916,
Carrington wrote to Lytton Strachey. In this letter she says,

キャリントンはオットーラインに「もういい加減にマークと寝たら?」と30分も
言われたと思っていました。しかし、リットン宛ての手紙を見たら、な~ん~と
1時間半も色々言われたとあります?!その際、ラッセルとのことも
オットーラインは話したそうです!?

. . . I was dismal enough about Mark and then suddenly without
any warning Philip after dinner asked me to walk round the pond
with him and started without any preface, to say, how disappointed
he had been to hear I was a virgin! How wrong I was in my attitude
to Mark and then proceeded to give me a lecture for quarter of an hour!
Winding up by a gloomy story of his brother who committed suicide.
Ottoline then nseized me on my return to the house and talked for
one hour and a half in the asparagrass bed, on the subject, far into
the night. Only she was human and did see something of what
I meant. And also suddenly forgot herself, and told me truthfully
about herself and Bertie.
Carrington: Letters & Extracts from her Diaries,
Chosen and with an Introduction by David Garnett,
Holt, Rinehart and Winston, 1970, 33.

・・・マークのことではかなり参っているのに、夕食後、前触れもなくフィリップが
池の散歩に誘ったかと思うと、唐突に、私がまだ処女だなんて全くケシカランなんて
言い出したのよ!マークに対して酷いと言うと、15分もお説教したのよ。最後に、
お兄さんが自殺した暗い話をしたの。家の中に入ろうとしていたら、オットーラインに
つかまって、アスパラガスが生えているところで1時間半もの間、夜半過ぎまで、
同じことを話題にしてオットーラインは話したの。オットーラインはちゃんとした人間
だから、私が言いたいことがどんなことなのか分かっていたの。それに、これまた
突然、オットーライン自身とバーティのことを打ち明けてくれたのよ。

According to Miranda Seymour, Philip's brother Hugh seduced his
commanding officer's wife and killed himself two days after leaving
England; he had been orderd abroad in disgrace after the incident.

ミランダ・シーモアによれば、フィリップの兄、ヒュー・モレルは上官の指揮官の妻を
誘惑した結果、海外赴任を命じらると、イギリスを出て2日目に自殺したそうです。

I guess my memory simply recorded the phrase "half an hour,"
overhearing the soundtrack of the motion picture?!
Anyway, half an hour was enough, wasn't it?
In addition to a quarter of an hour lecture by Philip, one hour
and a half would have been maddeningly annoying, wouldn't it?

30分というのは映画を(自分一人だけでなく授業でも見たりして)何度も見たので、
こびりついてしまったのだと思われます。
[PR]
by ars_maki | 2007-04-14 19:04 | 読書

Carrington's pictures

I've spotted two pictures of Gerald Brenan by Carrington.
The one you can see below is dated back to 1921.
This is the other one back to 1922.

キャリントンによるジェラルド・ブレナンの肖像画は少なくとも2枚あります。
一つは下の記事に載せた1921年のもの。
もう一つはこの1922年のものです。
d0112879_23524293.jpg

In this pictcure Brenan looks much matured,
though he is just one year older than himself in the other one!?
In the 1921 picture Brenan looks he is in his late adolecence,
while in the 1922 one he looks like a middle-aged man.
One might wonder why this is so. By reading Dora's letters to him,
I've tried to find out why in vain so far.

この肖像画のブレナンは成熟している感じですが、下のは思春期後期といった
感じです。何故なのかと思い、ジェラルド宛てのキャリントンの手紙をさらって
みたのですが、それらしき理由は見つかりませんでした。

Carrington painted the portraits of her friends and people around her,
flowers and sceneries. Here are some of them:

キャリントンは身の回りのものを描いた画家として知られています。
友人、静物画、景色なども全て周囲のものです。
あるいは、依頼人が親しい知人のための多少とも幻想的なものだったりします。

d0112879_1241710.jpg

This is Annie, her maid. Annie came to work for Carrington, when
she was 15, claiming 16. Annie Stiles, 1921, painted
in the kitchen at Tidmarsh Mill.
Carrington's picture of Tidmarsh Mill, painted in 1918, is posted
down below.

これは、アニー。お手伝いさんです。15歳の時に16歳だと偽ってやってきて、
キャリントンが料理なども教えたそうです。ティドマッシュの台所で描かれたもの
です。ティドマッシュの家も描いています。キャリントンの手紙と日記の抜粋を
集めた本の表紙になっています。下の記事を御参照ください。
d0112879_1254846.jpg

Hoeing(detail), 1912, one of three frescoes at Ashridge House,
Berkhamsted, Ashridge Management College.
テッドマッシュは(また、その後で住んだハム・スプレイも)田舎にあり、
こうした耕作風景が見られたのでしょう。
d0112879_1265919.jpg

Tulips in a Staffordshire Jug, c. 1921, Private collection.
There are too many good works of Carrington to post here.
But one can never get away without this!?

キャリントンの絵は、何枚も素晴らしいものがあるので、載せきれませんが、
中でもリットン・ストレーチーの肖像画を抜かすことは出来ませんね。
d0112879_1283993.jpg

Lytton Strachey, 1916, Private colelction.
These are all from Jane Hill's The Art of Dora Carrington,
Thames and Hudson, 1994.

これらの絵は全て、ジェイン・ヒルの『キャリントンの芸術』、テームズ&ハドソン、1994年
からです。

Carrington has done woodcut works in black and white, including
illystration for Hogarth Press and Oxford UP. In her letters she
drew Lytton, herself, Ottoline's pugs, her cats, making her letters
charming to read and enhancing her humour.

キャリントンは木版画も彫っています。ウルフ夫妻のホガースのための挿し絵、
オクスフォード大学出版局が出した『ドン・キ・ホーテ』の挿し絵、なども素晴らしい
作品です。また、手紙にスケッチを挿入しています。リットン、自分自身、ガーシントンの
パグ、リットンとキャリントンの猫など、ユーモアを感じさせる筆運びで、
手紙を愉快かつ魅力的なものにしています。
[PR]
by ars_maki | 2007-04-12 23:56 | 読書