日々の読書、愛犬たち、翻訳、手芸など


by ars_maki
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

<   2007年 03月 ( 16 )   > この月の画像一覧

d0112879_082963.jpg

これは一昨日の桜です。
We saw these cherry blossoms the day before yesterday.
Looked like almost at its best.

既に満開に近かったので、昨日はもう最高だったかも
しれません。
こちらは、いつもMarlooweとJuneとお散歩に行く団地の
グラウンドです。
It was pretty warm yesterday.
So, they must be in full bloom now.
This is the ground we go to for our walking routine.
It belongs to the city housing complex.

一昨日は幼稚園に行っているお兄ちゃん二人がサッカー・
ボールで遊んでいました。
Marlooweがヘッディングできるようにボールを投げて
もらいました。
本当は、Marlooweのヘッディングをしているところを
写真に撮って載せたいのです。
でも、リードを離すわけに行かないので、中々写真を
撮れずにいます。
The day before yesterday two kindergarten kids were palying
with a soccer ball.
I asked them to throw their ball to Marloowe so that
she could toss them a heading ball.
Wish I could have taken Marloowe's and the kids' photos.
I had to hold the leads and it was just impossible to take
any photos of them.

サッカー・ボールを投げてもらい、ヘッディング出来たMarloowe。
その後では息を切らしていました。
お水も飲みました。
少し座っていました。
Marloowe was happy and content after trying to shoot them
heading balls. She had water. Later She was taking a break,
sitting next to me and June.

Juneちゃんは、お兄ちゃんたちのボール遊びには参加は
せずに、思い出したように、吠えていました。
ボール遊びの後は、静かでした。
June was and is not interested in soccoer balls.
She barked at the kids while Marloowe was palying with
the ball. After we left them, June looked OK.
[PR]
by ars_maki | 2007-03-30 00:08 | 季節

ひょうきん族 The funny face

今日はとても暖かくて良い御天気でした。
きのうの寒さが嘘のようでした。
It was such a marvellous day today, sunny and warm.
It was pretty chilly yesterday and we were trying to
warm ourselves, cuddling together all three of us.

d0112879_19185237.jpg

Marlooweも窓際で寛いでいました。ちょっぴりひょうきんです。
Marloowe was basking in the sun.
Doesn't she have a funny face?

d0112879_2012349.jpg

おねむなJune。何の夢をみてるのかな。幸せそうな笑顔です。
Sleepy June. I wondered what she was dreaming.
Doesn't she look happy?

Marlooweは2階。どんな顔をしているのか覗いてみました。
Marloowe went upstaris. I went over to have a peep at her.
d0112879_19213798.jpg
d0112879_19215247.jpg

しっかり覚醒していました。
There she was wide awake.
[PR]
by ars_maki | 2007-03-28 19:21 | 愛犬

Peter Vardy

Last Saturday I tried to report my summary of Ray Monk's
Bertrand Russll: The Spirit of Solitude 1872-1921.

先週の土曜日、レイ・モンクの『バートランド・ラッセル伝 前編』の
半分ほどを要約、ラッセルを読む会で発表させて頂きました。

Frank Russell found himself in a great trouble at his tender
age of 19, while he was reading classics at Balliol, Oxford.
Frank's supervisor Dr Benjamin Jowett made the accusation
that Frank had written an improper letter.
Here "improper letter" means something gay and homosexual.
Frank demanded Jowett to submit the letter. Jowett refused.
Frank blamed Jowett and in a blazing indignation Frank expelled
himself from Oxford.

フランク・ラッセルはバートランド・ラッセルの兄。6歳の差があります。
フランクは19歳の時、大変な試練に遭います。オックスフォード大学で
古典を学んでいたフランクは、ギリシア語を教えていたベンジャミン・
ジョエットから同性愛者だという嫌疑を掛けられます。フランクは血気
盛んにして、率直かつ直裁。ジョエットがフランクの求めに応じて
怪文を開示しないため、ジョエットは紳士ではないと言い残すと、
大学を去ってしまいます。

In England through the Medeival days to the 18th century,
homosexuality was prohibited; one could be arrested and burned
to death in the Medieval days and later hanged. Here "one" refers
to males and not females, on principle. One of my audience asked
why women were exempted from being accused of and punished
for being homosexual or lesbians. I had no idea but it crossed my
mind that women were supposed to be inferior to men. In the Old
Testment we have Sodom and Gomorrah, but they have been
infamous because of vices, which do not exclude homosexuality
but do include other deviations. It was only in the 19th century
or in 1882 when the word homosexuality came into existence
as medical term. The majority of Victorian people never heard of
lesbian at all. This does not mean they had never tried to satiate
themselves with this particular kind of love and lust.
I remembered reading about a Medieval nun or prioress who was
found, in a way, guilty of and punished for being gay.
However, she was mainly blamed for neglecting her duty and
indulging herself in a certain abomination.

イギリスでは、中世から18世紀まで同性愛者だということで処罰
されました。ここで、「同性愛者」とは男性の同性愛者であり、女性の場合は
含まれませんでした。M先生がなぜ女性の同性愛者は罰せられずにいたのか、
と疑問を出されました。
女性は男性より劣っているとされていたという考えしか頭に浮かびませでした。
旧約清書にはソドムとゴモラが出てきます。マルセル・プルーストに倣えば、
同性愛が前面に出てくるのかもしれません。しかし、元々は悪徳のために
滅ぼされたとされており、同性愛のみが悪徳ではありません。
1882年にhomosexuaityという語が医学的に出されたそうです。
ヴィクトリア時代の殆どの人がレズビアンについては知らなかった
そうです。この言葉を知らないからといって、実際に女性の同性愛の人が
いなかったことにはなりません。女性の同性愛者が中世に罰せられたことが
あったというのをフェミニズム系の本で読んだことがあるのを思い出しました。
これは同性愛云々ということもありましたが、当の人物が修道院長だった
ことが問題とされた、監督不届きが云々されており、その一部として
同性愛も挙げられていたということだったと記憶しています。

I've tried to check the issue with The Puzzle of Sex
by Peter Vardy, Fount, 1997.

そこで、英国の哲学者ピーター・ヴァーディの『セックスのパズル』に書いて
ないか調べてみました。

There lies the enlightening response that I looked for.
Vardy mentions the views of Philo the Jewish/Greek philosopher
(20 BC - 50 AD. Philo the philosopher tried to integrate
Greek ideas and Judaic ones.
In the ancient Greece homosexuality was not banned nor prohiibited.
Faced with Judaic code of homosexual inhibition, Philo had to be
naturally more concerned with the making of the taboo.
However, Philo or any ancient theologian never mentioned 
female homosexuality or lesbian behaviour.

果たして、求めていた、知りたかったことが書いてありました。
ヴァーディはフィロ(紀元前20~紀元後50)というユダヤ教の考え方と
ギリシア的な考え方とを融合させた哲学者の見解を紹介しています。
まず、古代ギリシアないしローマでは、同性愛は禁じられていませんでした。
しかし、ユダヤ教ではそうではなかったので、同性愛のタブーに関わることと
なりました。しかし、フィロも他の神学者も女性の同性愛者について
これっぽっちも言及していないのです。

Peter Vardy surmises the implicit two reasons for this and says,
thus, in page 213

ヴァーディによると、女性の同性愛者に出て来ない理由として
以下の2つが挙げられるといいます。

a) The understanding of the human reproductive process set out
above[that only male plays the role of reproduction by implanting
homunculus in woman) maintains that the woman has no part in
the creation of a new human being except to act as a nest or
field in which the embryo can grow. It follows that as lesbian
behaviour does not involve the waste of any semen, so it
does not involve waste of what is essentially a new human being.

b) It may be that the male theologican and philosophers who
dominated intellectual life in the early years of the Chiristian era
simply did not consider the issue of lesbian behaviour--- rather
like Queen Victoria!

a) 当時の生殖の考えは男性が「ホムンクルス」という既に人間の形をした
   ものを女性に植え付けると考えていたので、女性は胎児を育む巣ないし
   畑でしかないと思われていた。女性が同性愛の行為をしても精子には
   無関係なので、新たな人間が無駄になることはそもそもないということに
   なる。

b) 初期キリスト教時代に活躍した神学者も哲学者も、ヴィクトリア女王のように、
   女性の同性愛者が問題になるとは思いもしなかった!

Well, I feel these ideas interesting.
What is more interesting is that prohibition of homosexuality
is never mentioned in the Old Testmanet nor in the New Testment.
They have all reasoned the ban and prohibiton from the eye
of God. I've found this rather dizzy and been at a loss.

この二つの暗黙の理由は大変おもしろと思います。
更に興味深いのは、旧約も新約も同性愛を禁じているわけではないと
ヴァーディは言っており、神の立場から見たらという推測で、
同性愛が禁じられていたと言っているところです。
これには頭がクラクラッときてしまいました。
[PR]
by ars_maki | 2007-03-28 01:00 | 読書

Last Saturday

I met Sammy-san last Saturday.

She gave me this dog strap.
d0112879_0493949.jpg

I handed her the white Christmas tree, which I made
for last Christmas.

I sent her the present. It was returned to me?!
I felt I brought her a Christmas present at Easter time.
d0112879_1993831.jpg


This is the packet that was returned to the sender.
d0112879_19142843.jpg

[PR]
by ars_maki | 2007-03-28 00:52 | 愛犬

Here we go again!

Isn't it a lovely day to day?

When I arrived here at Marloowe's place, she and June gave
me a big welcome. While I was trying to wash my hands,
Marloowe and June dashed to the entrance hall.

I gave up the idea to take them out one by one; we all three
went out together basking ourselves in the spring sun.
It was a perfect day to take a stroll.

今日はお散歩日和。
Marlooweたちのところに着くと、二人は嬉しくてたまらない様子。
おトイレに行こうなかと思っていると、既に二人は玄関に行っている
ではありませんか?!

別々にお散歩するのは諦め、三人で行くことにしました。
春の日差しがとても気持ちが良く、皆、満足そう。
いつもこんなお天気だとお散歩も完璧なのですが・・・。

These are lilies of the valley in June's garden, should I say?!
d0112879_12355331.jpg

It has been pretty warm lately that they've started to wither.

写真はJuneの庭(妹のところの庭ですが、Juneが自由に走るので、一応、
Juneの庭と呼んでおきます)先のすずらん。もう終わりですね。

After we came back, we had a snack. We had an apple and a banana.
Sharing them among us three always mean more portion would go
to Marloowe and June. After the snack, Marloowe picked up the ball
in her mouth. She seemed to say, "Here we go again!"
d0112879_12392631.jpg


お散歩から帰ると、おやつ時間です。林檎1個とバナナ1本を三人で食べました。
当然、MarlooweとJuneのほうが私より沢山食べました。
おやつの後、Marlooweはボールを咥えると、「また、遊ぼうよ~♪」と
私に言ってるみたいでした。
[PR]
by ars_maki | 2007-03-26 12:39 | 愛犬

New collection items

I love to have tiny cute things.

Today I dropped in at my one-dollar-store.
You may simply wonder why "my one-dollar-store";
mimika has the nicest one-dollar-store near her place
and I envy her whenever she lists up on her blog
her new shopping items.
Sometimes you can see them on her blog "mimika's time,"
since she posts photos whenever she purchases new items.
It crosses my mind that I go and browse her store
so that I might get the items whose photos
she has posted on her blog.
So far I've not visited her shop. Well, some day?
Why not?

These were the two items I bought today.
d0112879_2011577.jpg

A clip and a pencil sharpner.
The sharpener says "Squeeze Me!"
If you squeeze the dog, its eys will pop out!?

d0112879_20112349.jpg

The small box-like item on the right is from Bali.
It looks like a tiny, tiny booklet that one might open and read.
Inside is a memo pad.

The item on the left looks like a man in some Medieval cloak
that was supposed to protect him from raging pest.
They say it was made after a mole, though.
[PR]
by ars_maki | 2007-03-25 20:15 | コレクション

My collections

今日、100均に行きました。
買ったのは、この二つ。
d0112879_2002185.jpg


クリップと鉛筆削り。
クリップはピーナッツ。鉛筆削りは犬です。
犬の身体をギュッと指で抱きしめてあげると、眼が飛び出ます。

d0112879_2005127.jpg

こちらは、二つともメモ・パッドです。
右は、先日、買ったバリ島由来のメモ帳。
全て自然の素材で作られています。
小さな本の形になっています。
左はずっと前に買ったものです。

作った人はモグラをイメージしたそうです。
私には中世のペストを避けるための衣装ないし死装束に見えました。
[PR]
by ars_maki | 2007-03-25 19:57 | コレクション

ご無沙汰しています~♪

Marlooweです。
d0112879_840393.jpg

近頃、ars叔母ちゃんは忙しくて、わたちもJuneちゃんもここに
登場していませんでした。
でも、御散歩に出かけたり、ガレージで遊んでもらえれば、文句は
ありません。でも、長くは遊んでもらえないので、残念です。

仕方がないので、ars叔母ちゃんがガレージに来たら、
くるみとか林檎とかおやつを持ってきてくれるときね、
咥えたボールを叔母ちゃんの御尻に当てて、「遊ぼうよ~~!!」
って言うのです。

Juneちゃんは撫で撫でしてもらうほうが好きみたい。
私も嫌いじゃないけど、それよりボールで遊んでもらうほうが
もっと好きですよ~♪
だって、わたちからボールをars叔母ちゃんゲットするのに
苦労するんだもの!?
それを見ているのがオモシロイんですよ~♪
ルンルン気分になります。

良い御天気の日は、Juneちゃんも私もガレージで日向ぼっこ。
でも、Juneちゃんはすぐに飽きてしまうの。
で、窓を叩いて、ars叔母ちゃんにお家の中に入りたいよ~~って
言います。

Juneちゃんだけお家の中で、本当はわたちはガレージで遊んで
欲しいのだけど、ars叔母ちゃんの都合もあるみたいで、大抵
二人ともお家の中にいるかガレージに一緒にいるんですよ。

Juneちゃんはちょっと泣き虫です。
一人ぼっちにされると、すぐに淋しいよ~ってars叔母ちゃんに
泣きつくからですよ。

で、お家に皆でいると、こんな風に堂々としちゃってまちゅ(笑)・・・。
d0112879_8511324.jpg

[PR]
by ars_maki | 2007-03-21 08:51 | 愛犬
この数日間、ずっと刺繍をして、癒されていました。

宮崎のhiroさんからとても美味しい金柑と日向夏を頂き、
私と妹はもちろんのこと、Marlooweも涎と風船を作って
感動していました。

お返しに作り始めたテーブルクロス。
hiroさんは青がお気に入りの色だということで作り始めました。
地刺しです。
d0112879_20111573.jpg


なかなか進みません。
それだけでなく、25番の糸だと仕上りが贈り物向きではない
のです。自宅用ですねぇ・・・。素朴丸だしというか、安心できる
寛げるステッチにしかなりません。
8番だと多少とも装飾的になるのです。

そこで、贈り物の予告というのも変なのですが、これに似たものを
作りますねぇ~~♪

これと前後して、auceさんのRiesen Stern von Boxerの
犬舎の頭文字を採って、刺してみました。こちらは、ステッチが
ドンドン変化していくので、刺していて退屈しないところ、また、
間違っても致命的なものにならないところが長所です。
d0112879_20114245.jpg


テーブルクロスのほうは、ステッチが一つずれても目立ちます。
どっちがいいのかなぁ・・・というと、気分に応じて、刺し分けると
いいかもしれません。
[PR]
by ars_maki | 2007-03-11 23:14 | 手芸

今日は良いお天気でした

今日はぽかぽかとして良いお天気でした。

Marlooweとお散歩に出かけました。
帰ってきてから、遊びたいというので、Juneもガレージに出て
もらって、三人で少し遊びました。

昨日は私に用事があって、大地の宅配便が届けてくれた野菜を
茹でたり出来ませんでした。大根、MarlooweとJuneは毎食後
大根を生で食べるのですが、葉も茹でておいて、緑の野菜がない
ときのために冷凍庫に保存しておきます。もう暖かいのですね。
1日経ったら、少し黄ばんでいました。

御飯、Marlooweは須崎病院とS企画との共同開発して、
現在はS企画で販売しているチキン。Juneはチキン・アレルギー。
鮭にしました。私もお相伴しました。御飯が炊飯器にあったので、
おじやにして生姜をすって混ぜたものにしました。
キャベツ、人参、さつまいも、大豆も混ぜました。

食後は日向ぼっこしていました。
デジカメを持参しなかったのを後悔しました。
[PR]
by ars_maki | 2007-03-07 22:40 | 愛犬