日々の読書、愛犬たち、翻訳、手芸など


by ars_maki
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ:読書( 94 )

Behind the News in China

d0112879_0372150.jpg


Behind the News in China, Frederick Vincent Williams, 
Nelson Hughes, 1938

Frederick Vincent Williams visited China before and after
the Sino-Japanese War started.
He went around firstly with the Kuomintang Army, then with
the Imperial Japanese Army. He saw the both sides.

Frederick Vincent Williams says that the Chinese censorship will
not let US journalists write and report what it’s going on in China.
So, what Americans read is not true; it is far from reality.

Germans sold arms to the Kuomintang Army and offered them
military assistance. Germans told the Chinese Army to ask
England for help; they also told that US would provide them
with the best interference. China had their sympathy from
the beginning; Japan invaded China.

Japanese Army tried not to involve Chinese civilians and foreigners,
while Chinese Army dug their trenches in crowded city areas; they
turned non-Chinese properties into obstacles for Japanese Army to
access Chinese Army.Japanese Army officers told Chinese Army
officers to remove farther out from where civilians lived.
The Chinese Army refused the begging of the Japanese officers.
With no warnings the Chinese Army made the prey of the Chinese
civilians and their huts to shield themselves.

『中国の戦争宣伝の内幕・日中戦争の真実』フレデリック・ヴィンセント・ウィリアムズ・
田中秀雄訳・芙蓉書房出版

米国人が極東で起きている出来事に間違った理解をしているのは、
新聞記者のせいではないのである。なぜならば、彼らは中国の検閲官が厳格な
ルールを強制するために何もできないのである。著者フレデリック・ヴィンセント・
ウィリアムズが初めて中国を旅したのは、1937年の日中両国が戦いを始める前で
あった。戦争が始まってから中国を再訪した。最初は中国軍と行動した。
今度は日本軍とであった。著者は両方を見た。
世界の各地を見た新聞記者としての長年の経験から、何が起こっているのかを
理解することができた。精魂込めて書き上げたのがこの著作である。

ドイツ軍事顧問団は純粋に軍事的支援をしていただけではなかった。
顧問団は「あなたは一人では勝てない。ロシアは今,ここにいない。
協力者が必要でしょう。イギリスに頼みなさい。しかしながら力のある
干渉者となると好ましいのはアメリカです。」と言ったのだ。

「シンパシーという点では、最初から中国の方にあった。日本人は侵入してきたのだ。
彼らは侵略者なのだ。中国の領土を奪い、帝国を広めようとしたのだ。
日本軍が戦闘に於いていかに一般民衆や外国人を巻き添えにしないようにしている
のに対して、中国軍は計画的に逆のことをしている。「・・・中国軍が密集市街地の
中心に塹壕を掘り、外国人の資産を遮蔽物にして銃器を据え付けていること、
銃眼の付いた胸壁に第三国の旗を立てていることなども報じないのだ。
何度も何度も日本軍指揮官は中国軍側に市民に近いところから戦闘地域を移動する
ように、・・・しかし中国軍とその兵隊はこの人道的な日本側指揮官の請願を拒否する
だけでなく、警告もなくこのあわれな中国市民の身体と掘っ立て小屋を、敵への
遮蔽物や生餌にしたのだ。」(49)
[PR]
by ars_maki | 2013-08-08 00:34 | 読書

They skipped the detail . . .

In June 2012 arrested were two suspects Jong Duk Lee, 34,
and Carl Park, 21.

The two Koreans raped two Japanese women aged 20 and 21,
who went there to learn English. The Koreans made the girls intoxicated
by pouring some chemical stuff into their Tequila.
The two men brought them into a motel room and raped them.
Each of them was severely injured in the vagina and
also in the anus. The police saw the site full of blood on the bed sheet.

Park was arrested at his house in Talamban, Cebu City
while Lee was arrested when he visited Park at his detention cell.

Park is reportedly a son of a hotel owner also based in Lapu-Lapu City.

Their attorney says they had had a consensual sex;
Did the two Japanese women consent their using of the drug?
Did they also consent to have the violence of the two Koreans?
The attorney had little idea of "consensual sex."

d0112879_8142642.jpg


犯人は韓国人。
2012年6月にフィリピンセブ島に語学研修に行った二人の日本人女性が
韓国人男性からレイプされた。

二人はラプ・ラプ市内のリゾートホテルで、二人組の韓国人男性と知り合った。
近くのバーに行き、お酒を飲んでいたところ、意識を失ったまま、近隣の
モーテルに連れ込まれ、性的暴行を受けたという。

犯行に及んだ二人組の男は、バーで日本人女性のテキーラに薬物を投入。
意識を失わせ、モーテルに連れ込んだ。

暴行を受けた二人は、陰部と肛門を裂傷。警官が踏み込んだときには、ベッドの
シーツが血で真っ赤に染まっていた。
[PR]
by ars_maki | 2013-07-14 13:28 | 読書

So Far from the Bamboo Grove

d0112879_11164017.jpg
Yoko Kawashima Watkins was 11 years old when the war raging
in the Asia ended and Japan lost it. She was in Manchuria or
in the northern part of Korea with her family. She had to flee there
with her mother and sister Ko, who was 16 years old. Her father had
to remain there. Her brother Hideyo started working at factory
on the day Yoko left their home with her mother and sister.

This book tells and shows the hardship and suffering she encountered
on her flight. Even on their way to the nearest train station, they almost
meet their fate when they run into Korean Communists.

In those days around the northern part of Korea the influence of the Red
China was strong and there were Koreans, who had been converted into
Communists. On one of the videos I read the comments that this book
is a fabrication since it was in 1948 that the northern part of Korea became
a Communist state. The person, who claims the alleged lie, might have not
read the book or skipped the notes on the Communist China and the border
area, which the reader finds behind the main text and story.

As the author says this is not a fiction but the recording of what she saw and
went through in those dasy. The other claime they made for fabrication and lie
is that "Bamboo Grove"; they say it is impossible to locate bamboos in the area.
This crossed also my mind, but I felt more assertion in the possibility.
Do you know kendoh? They use bamboo sticks for kendoh. The master of
kendoh managed to beat the American soldier who had a bayonet to fight with
him; I'd like to post this info later here. Korean people claim that kendoh was
from Korea; on YouTube you can find the Americans who deny this origin.

Yoko Kawashima Watkins has written this book not only for Japanese but also
for Korean people. She says she feels sorry for Korean people. She says also
she has been grateful for Koreans who saved her brother from being frozen
to death; the Kims massaged Hideyo and fed him. Mr Kim said Hideyo was
his nephew so that the Communists would not take and kill him.
Hideyo got well and helped the Kims. The Kims tried to persuade Hideyo to stay
with them forever. Poor as church mouse, Mr Kim gave Hideyo his money away,
telling him Hideyo needed Korean money, when Hideyo tried hard to refuse it.

The Kims will be remembered not only in the memory of Hideyo but in others
as well, which makes the great contrast with the story Kim Wan-seop tells in
his book, in which Kim Wan-seop speaks for Japanese military and its discipline
against raping women. Kim Wan-seop says all the members of the family who
had been nice to Korean orphans before 1945; an orphan was sent to Tokyo
University to study; the mother and the father had been their foster parents,
but were killed mercilessly; their only child lost her sanity; she roamed around but
there was no one offering her food; she starved to death.

There are the several unforgettable scenes. The Japanese version will be
available soon.
[PR]
by ars_maki | 2013-06-13 11:17 | 読書
d0112879_1827597.jpg
昨日、買って読んだ。

原発のカラクリに関して私たちが常日頃、感じていることを
具体的に取り上げてくれています。
代表的なものを挙げてみましょう。

1 福島第一原発を設計したのは、GE(ゼネラル・エレクトリック)社。
  1975年頃、「プールはもっと下に作るべきだ」と技術者デール・ブライデンバー。
  上司曰く、「電力会社に操業を続けさせなければ、GEの原子炉は売れなくなる」。
  ブライデンバーさん辞職。

2  福島第一原発第一号機の設計図。
   1972年放送開始のテレビアニメ『マジンガーZ』のエンディングに使われていた!
   このブループリントをググったサウスダコダ州に住むナンシー・ファウストさん。
   サイトに公表。東電からクレームを受けた。隠蔽したかった東電。

3 地球温暖化、二酸化炭素削減は詐欺だという。北極熊の数は減っていない
  のだそうだ。ノーベル賞平和賞候補にもなったゴア元副大統領の言質は如何に?!

4 上海出身、日本国籍を持つ地震学者戴峰(日本名 中村峰)氏。東北大学大学院に
  在籍中、大地震の「前兆反応の二つピーク現象」、「限界線断層学説」を発表。
  1995年の サハリン大地震(M7.6)を23時間前に仙台気象管区と国内公的機関に
  事前通知。
  戴峰氏は「想定外」を隠れ蓑にすることが出来ないことを科学的に証明する一人。

5 今年5月、フランス放射線防護中央局のパリ大学教授が、チェルノブイリ原発事故の
  フランスへの影響を過小評価し、罪を問われた。イタリアでも地震を予知できなかった
  学者7人が刑事訴訟された。

6 原子力安全委員会委員長斑目春樹。斑目出鱈目と思っていた。
  はたして、三菱重工業から400万円の寄付金を受けていた。

7 ラッキー7と行きたいところだが、そうは行かない。有名人やタレントが、
  (原発事故は起こらないという)安全神話と(再生エネルギーの開発可能性を  
  謳う)成長神話を刷りこんできたし、現在でも進行中。以下のような具合だ。

  脳科学者茂木健一郎曰く、「原子力のしくみもリスクもわかっていれば怖くない。
  我々のような研究者の使命は、その論理や根拠を示していくことだと思います」
 (「脳と原子力、じつは切っても切れない関係です」、『婦人公論』、2010年4月7日号)。

 ビートたけし 「原子力発電を批判するような人たちは、すぐに『もし地震が起きて
 原子炉が壊れたらどうなるんだ』とか言うじゃないですか。ということは、逆に原子力
 発電所としては、地震が起きても大丈夫なように、他の施設以上に気を使っている
 はず。だから、地震が起きたら、ほんとうはここへ逃げるのが一番安全だったりする
 (笑)」『新潮45』2010年6月号。

8 東京電力が過去40年で得た利益4兆円は、福島第一原発事故の一瞬で吹っ飛ん  
  だ。4兆円は8月4日に日銀介入の推定金額でもある。(これも推定だが、介入資金と 
  して10兆円が用意されている)。福島原発では、一号機から四号機まで廃炉になる。
  一機廃炉に最大50000億円。事故処理から損害補償まで総額20兆円がかかると
  推定されている。大半は原子力関係産業に行く。(「東電は損失額4兆円を取り戻 す   
  のか?!」と呟いてしまう。)

日頃、疑問に思っていたことに関しては以下のように明かされています。
   
①福島県の農産物関係者は福島産を食べず、産地を偽装して
首都圏で売りさばく。デパ地下にブロッコリーが「福島・北海道」と
提示してあった。福島産を偽装してバレルと訴訟問題になる。
北海道のものは売れるが、福島のものは売れ残る。
そこで、両者を一緒にして販売するのだという。

②安全を線引きにより保障するかのように毎日、テレビで何ミリ
シーベルトと言っている。線引き出来ないと小出裕章(こいで ひろあき)
京都大学原子炉実験所助教授も言っていた。
放射能内部被曝は個体差ないし個人差がある、という。
自律神経が強い人ほど影響を受けやすい、のだという。

③管総理は、反原発を勧めたことで、支持率を更に下げたという。
原発が続行されないと、経済界は困惑、困窮する。
電気会社は国に支えられた独占企業。購入資材が高くても懐が痛まない。
資材を提供する大企業は値段を言い値で買ってくれる電力会社が大好き。
このラヴラヴの関係に水をさそうとする管なんか、早くやめてくれと
いうのが経済界、というわけ。
[PR]
by ars_maki | 2011-08-21 18:28 | 読書
After the nuke disaster at the Fukushima Daiichi Nuclear Plant,
I started wondering how come we had tried to do little to prevent
the destruction. There had been those who were for having
and running nuke plants and those who were against them.


There had been the communication gap between those who were for
something and those who were not. Yohroh Takeshi, who expertises
on anatomy, especially that of brain, says in The Walls of the Fool
d0112879_246361.jpg

that the saying that we might reach a certain mutual understanding
between our opponents and us remains always virtual possibility i.e.
impossible thing for us to get around.


WHY? Because our brain will not work when we've got nothing to share with.
Yohroh illustrates this how two types of people never agree.
Those two types are philosopher and politician. As you know so well, Plato
says a great politician must be a philosopher. But this is impossible, for
philosopher and politician have different minds. Philosopher tends to head
for wisdom and intellect, while politician for making little of ordinary people.


As for as nuke reactors and nuke plants are concerned, our intellect says
that we can make a peaceful use of uranium or nuke reactors; those who
are endowed with little intellect are likely to have nuke disasters.


The disaster took place on 11th last March.
There had been a video clip how melt thoug takes place.

http://ex-skf-jp.blogspot.com/2011/07/blog-post_22.html



What does this say?  
When an accident takes place, in half an hour the fuel rods start to melt away
and in an hour the melt will reach the bottom and in three hours they will
melt down through the concrete, going down and down the ground underneath.


When they reported that caesium was detected on the following day
i.e. 12th we had to expect the melt through. We wished for any miracle
to happen; we prayed. But this was out of the question, when the fact told
us what had taken place there at the Fukushima Daiichi Nuclear Plant.

They knew what had taken place there, but they did not tell us; they were
politically minded.


Robert Oppenheimer was the leading scientist of atomic energy;
he was known as the leader of the Manhattan Project.
He knew what he had been dealing with;
he knew what danger atomic energy had got.
He believed in sharing what he knew with other scientists,
even with those Russian scientists.
He had tried to be fair, butwas condemned and treated as traitor.


He was a great conversationalist.
He had good tastes.



He was said to be arrogant. But this must be mapped again by what Yohroh says
about philosopher and politician.
Oppenheimer was a philosopher and not a politician.
He was honest enough to tell what he knew.
He must have regretted for not having tried to be a politician, for not having
ever tried to hide his knowledge from his political(ly) minded people.


The author says that the politicians humiliated Oppenheimer to show him that
scientists should follow them. Priscilla J McMillan says so in
The Ruins of J. Robert Oppenheimer.
d0112879_2494296.jpg



I must say not only Oppenheimer but also all of us share the same problem;
we have both philosopher and politician in ourselves.
When you know something and would like to share it with other people,
you must feel yourself dishonest when you have to be political(ly) minded.
Those who are politicians tend to form the majority; they tend to blame and
accuse the honest. Perhaps you have experienced this in your own life, haven't you?
[PR]
by ars_maki | 2011-08-07 02:49 | 読書

『バカの壁』

d0112879_18161919.jpg
ご存知養老猛のベストセラー。
甥の廃棄処分本の中にあったので、拾って読んでみた。

原発問題を巡っては、政治家たちの国民をバカしきった
態度には立腹するばかり。
自分の子供でないから他人事でいられるのか。
同時に原発に反対しなかった多数派の一人であることに
後ろめたさを感じていた。

本書の後半で、エネルギー問題を掌握することが世界の掌握に
繋がるといったことが書かれている。
さらに、政治家はお馬鹿であることを前面に出しがちであり、
それに対して哲学者は賢さを前面に出すとある。

な~~んだ、な~~んだ、政治家も哲学者も私達自身なのだなぁ、と
変に納得してしまった。

しかるに、後者の方が問題性が深い。
性質が悪いのだ。
賢さを求めることで、賢くなれると思っているバカの壁を
乗り越えられないからだ。
つまり、スリーマイルズの事故もチェルノブイリの事故も
日本には関係なく、彼らより賢い(と考えるので)日本には
事故が起こらないと考えていたからだ。
完全にバカの壁に塗り込められていたのだ。

ところで、養老が指摘する身体性と無意識、それに「壁」で
連想されたのは、『ゲゲゲの鬼太郎』の作者水木しげるが
南方従軍中、フラフラと彷徨っていたとき、壁がぬぅ~~~と
立ちはだかったというエピソードである。
水木しげるは断崖絶壁に立っていたのだった?!
[PR]
by ars_maki | 2011-07-31 18:16 | 読書

『原発のウソ』

d0112879_2203955.jpg
小出裕裕(こいで ひろあき)京都大学原子炉実験所助教授は、
40年もの間、原発の危険について語ってきた。
福島の原発事故後、クローズアップされざるを得なかった。

本書では、既に分かっている事実を原理的に噛み砕いてくれている。
ポイントは、以下の3点に要約される。

1.「安全な被爆量」などというものは存在しない。
2. 日本は原発後進国。
3. 子供たちと原発被災地の農業、漁業を救うため、年配者は
   被災地からの野菜などを食べるようにする。

最後の項目には、恐れ入ってしまった。
毎日、福島、栃木、茨城、岩手などのものは避けてきていたからだ。
また、北海道のサクランボウよりワシントンからのサクランボウ、
美味しい国産豚肉より不味い米国産豚肉という具合だったからだ。

著者の説得力には脱帽したのだが、癌の心配はないものの素通りして
しまうのだ。
[PR]
by ars_maki | 2011-07-30 22:00 | 読書

『原子炉時限爆弾』

d0112879_22324374.jpg
『原子炉時限爆弾  大地震におびえる日本列島』、広瀬 隆、 ダイヤモンド社、
2010年。

私たちは日ごろから地震に慣らされてきていた。
しかし、たまたま大地震の災害に曝されなかっただけの
ことだったことを311は教えてくれた。

311以前にも、広瀬隆は地震と原子炉の危険を警告し続けていた。
以前から政府ならびに電力会社の癒着、メディアを介しての操作を
指摘していた。

本書は去年の夏に出された。
福島第一原発のメルトダウン。時限爆弾炸裂。

地震の国に住んでいるのに、地震に対する不用心が露わにされた。
広瀬は、地震が起こる道理を原理的に明らかにしている。
先ず、五大陸は元々一つの大陸だったという
日本列島の形成、造山活動から説き起こしているのは、既に
痛感しているように、原発を危険な場所に建設してしまったこと、
さらに言えば、そもそも日本列島は原発向きでは全くないことを
明示するためである。

そもそもの致命的な間違い、ないし錯誤は、大陸間に横たわりつつ、
常に移動しているプレートに注意を払わず、無視してしまったことにある、
と広瀬隆は言う。

プレートの動きに注目すると、すぐに気になるのは、海底がどうなって
いるか、だという。
特定の原発付近の海底の地形を読み取って、危険かどうかを判断
することが出来るというのだ。
音波探査により、海底の凹凸を探るのである。
海底の構造だけでは、不十分である。
また、眼の前の地形を見て、地下の構造を推測することが出来ると
いう。
これは、変動地形学と呼ばれている。

本書では、御用学者として衣笠義博と斑(まだら)目春樹が挙げられている。
前者は、六ヶ所再処理工場の敷地に走る二本の活断層の存在を
隠していた。
後者は、浜岡原発運転差止訴訟で、被告の中部電力側証人として立ち、
原発の安全性を繰り返した。中越沖地震後に原子炉圧力容器などに
発生した歪みを無視。一年後の運転再開を繰り返した。


斑目春樹は、先日、NHKの福島原発事故特集番組に出ていた。
福島の原発事故を悔い、311以前の日々に戻りたいと言っていた。
この発言には、悔いが本当に感じられないのだった。
大きな事故さえなければ、自らの安泰を念じていられるとしか聞こえ
なかったからだ。
しかし、懸念を抱きつつも何もしなかった自分を考えると、五十歩百歩と
いった感は否めない。
しかしながら、斑目春樹が専門家として発言していた事を考えると、
当人は自らの発言が意味することを熟知していたはずであり、
不気味な不協和音が鳴り響かずにはいられない。

管直人首相は脱原発を提唱中だが、以前は、二酸化酸素温暖化を
理由に原発派だった。
管以外にも、民主党幹部には、原子力推進派として、仙谷由人、前原誠司、
直嶋正行ら。
原子力推進派だった著名人に、寺島実朗、毛利衛、枡添要一、大前研一、
野口悠紀雄、吉村作治、浅井慎平ら。

福島原発の事故により、安全神話が崩壊した。
神話は経済成長という大義を受けて、保たれていた。
なぜ事故を考慮に入れなかったのか?
科学と理性への盲信が露呈されたのは、福島原発によってだけではない。
チェルノブイリやスリーマイルズの原発事故でも露呈されていたが、
他人事になっていた。
現在でも原発推進派の声は大きい。
科学と理性への信仰を問い糾す必要がある。
[PR]
by ars_maki | 2011-07-17 22:04 | 読書

Roses

How could I forget what I once promised you?
It has been on my mind and in my heart,
For you have been a gem and an angel to me!
When I am back to you, I will bring you some
roses, sweet dark red and white ones mixed
To show you our early love is never meant to die.

d0112879_2259926.jpg

[PR]
by ars_maki | 2011-03-14 22:48 | 読書

writings

The other day hentaigana 毛 was the topic.

After that topic I've come across the text all in hiragana,
which we could read with more ease when it were in
kanji as well. Here it is!
d0112879_23563890.jpg


Did you know that the Hojyoki in its original text all in Katakana?
d0112879_2357061.jpg

This is the opening part of "An Account of My Hut" or "The Ten Foot
Square Hut."
[PR]
by ars_maki | 2011-02-26 23:54 | 読書