日々の読書、愛犬たち、翻訳、手芸など


by ars_maki
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

消費生活展

着物のリフォーム教室は、実際には消費者運動ないしエコ活動の
一環としてあります。
コマーシャリズムに慣らされているため、ともすれば良い生地、
珍しい図柄などに眼が行き、高価なリフォームものを志向しがち
だったのですが、それだけではない活動を盛んにしているのを
今日はしっかりと観てきました。

自然栽培とか有機栽培とかよく耳にします。
実際に有機栽培の野菜や果物を食べています。

なぜ有機栽培が良いのか?
d0112879_17422622.jpg
d0112879_17424342.jpg
左は農薬を使って栽培したイモの葉。
右は自然農法で栽培したイモの葉。
有機栽培のイモの葉は左右が対象。

健康なイモの種株の一つからは、
d0112879_1813226.jpg

こんなにも立派なイモが育ってくるのだそうです!

健康な人間が病気になり難いように、健康な栽培野菜も虫に食われ難い
のだそうです。虫がついている野菜を見るとガッカリする私たちですが、
害虫(?!)が野菜の健康について教えているという見方も出来ると
いうのです。

既によく知られていますが、生ゴミで有機栽培したり、家庭の生ゴミを
利用して野菜を育てたりする実際のやり方を教えてもらってきました。

いかに商業主義に毒されているかを感じたのは、油に関してです。
ポテトチップスが油だらけだというのは皆が知っていますが、
一袋80gのポテトチップに対して油はどのくらい含まれているのか?
な~ん~と、25gも含まれているのです!?


コマーシャルでお馴染みのエコナの油、
名前からしてエコしているみたい?!
既にTVなどで御存知でしょうが、トランス型脂肪酸が問題視される
というのです。

トランス型脂肪酸とは、油を精製する過程で高温、高圧を加えると生じるもので、
とり過ぎると心臓病などの現代病の引き金となりやすいものです。
欧米では販売禁止になったり、含有量の表示を義務化しているのに、日本では
どちらもなされていないのだそうです。

エコナはカロリーをおさえていることがセールスポイント。
しかし、国内用のエコナはトランス型脂肪酸が一杯。
輸出用エコナはトランス型脂肪酸を抑えているとか。
この事実は既に明らかにされ、以前は600円以上にしていたのが、現在は
400円なんぼとか。200円も安くなっているのだそうです。
値段も大事ですが、トランス型脂肪酸をどうにかして欲しいものです。
エコナより著名度が断然と低いものの、お勧めの紅花オイル。
コマーシャルの影響力を見せ付けられる思いがしました。

なお健康推進商品のマークがエコナには付いています。
これは研究したということ、および20万円を支払って審査を受けただけ。
う~ん、こういうマークはすぐに信じてしまいそう・・・。

その他にも色々と教えてもらってきました。

昨日載せたリュック、ワイシャツから作ったエプロンを買いました。
d0112879_20132985.jpgd0112879_20134262.jpg
d0112879_962619.jpg

[PR]
by ars_maki | 2007-11-23 17:44 | 季節