日々の読書、愛犬たち、翻訳、手芸など


by ars_maki
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

分福茶釜

d0112879_23281043.jpg
d0112879_2224387.jpg

次に、狐と狸を結びつけてみようとしました。
それが、この分福茶釜とネズミです。

茶釜と狐、茶釜と狸、これらのエピソードですぐに
連想されるのは、米沢市にある常慶院の分福茶釜と
館林市の茂林寺の分福茶釜です。

米沢の茶釜は、以下のような物語です。
狐が寺の和尚さんに妖術の巻物を預けます。
妖怪狐に巻物が狙われているので、
自分が留守にしている間、
盗まれないようにしてくれというのです。
巻物は無事だった御礼に、狐は茶釜を和尚さんにあげ、
その晩、釈迦如来の説法を披露しようと言います。
あくまでもファントムなので、拝んではならないと
警告します。
果たして、その晩、和尚は山の上に虹がかかり、
茶釜を抱えた狐が虹をわたり、山の上に釈迦如来や
他の仏様が現われます。

翌日、和尚は一人、野原で眼を醒まします。
傍らには蓋のない茶釜と石がありました。

この蓋のない分福茶釜にはご利益があると言われ
ています。
この釜に「米を少し入れておくと次の朝までには
米がびっしりと増え、村々の貧民を救ったとか、
茶釜茶釜で炊いたご飯・お粥をたべると、
疫病で苦しんでいた病人が全快した」そうです。

もう一つの茶釜、館林のほうはどんな話かというと・・・。
貧しい狸の夫婦が困窮し、父狸がが茶釜に化け、
それを母狸が古道具屋に売りに行くところから始まります。
茶釜は和尚さんに買われます。早速、お茶を煎れようと、
火に掛けられ、あっちっち~~~、あっちっち~~~と
叫んでしまいます。
和尚さんは古道具屋に茶釜を返してしまいます。

父狸は古道具屋に事情を話すとともに、曲芸をやるから
他所に売らないでくれと頼みます。
狸親子たちの芸を見に来た人たちのおかげで古道具屋は
大金持ちになります。
古道具屋は儲かったお金の半分を狸親子に渡します。
父狸はお金を持って帰ろうとするのですが、
元の姿に戻ることが出来ませんでした。

和尚さんを騙したバチが当たったのだろうと、
茶釜になってしまった狸は和尚さんのところに謝りに
行きます。
しかし、茶釜のままでした。
和尚さんは狸のために、茶釜に布団を作ってあげました。

やがて、この茶釜を拝むと幸福になると言われるように
なりました。

こうして、どちらも福を授けるところから、分福茶釜と呼ばれ、
親しまれているのでしょう。

二つの茶釜は兄弟茶釜だと言われています。
狐と狸ではどう見ても違うはずですが、恐らく、人間を誑かすと
いうところで、類は友を呼ぶという類のものなのでしょう。

米沢のほうには行ったことがないのですが、館林の茂林寺の
ほうは行ったことがあります。
狸がいました。今でも、狸を飼っているのでしょうか。

また、茂林寺は雪舟が子供の頃、修行をした寺としても
知られ、雪舟の墨絵を見ることも出来ます。

雪舟のエピソードにネズミが出てくるものがあります。
子供の頃から絵を描くのが好きだったため、叱られ、
手ないし指を使えないようにと柱に縛られてしまいます。

もう潮時だろうと、和尚さんが見にいくと、ネズミが雪舟の
足元に?!
流した涙を使い、足の指で描いたネズミだったのです!?
[PR]
by ars_maki | 2007-07-13 22:55 | 翻訳